スピーチが上達する人、しない人


スピーチコンサルティングを受けてくださっている
クライアントのFさんから、
読売新聞の記事が届きました。

その記事には、
米大統領選における
ノンバーバル(非言語)表現の重要性が
書かれていました。

14463872_1162000127179121_662741176_n

「これが、大きな違いなのよね!」と
記事を拝見しながら、一人唸っております。

スピーチコンサルティングを受けてくださる方の多くは、
ある大事な場面でのスピーチのために、
という目的を持っていらっしゃいます。
まとまった時間のコンサルティングを受けることで
その大事な場面のスピーチでは、
望んだ結果を手に入れてくださいます。

しかし問題は、その後です。

大事な場面が終わったあとも
スピーチが上達しつづける人と、
大事な場面のスピーチの成功だけで終わる人がいます。

その違いは「これ」だと思うのです。

心理学的に言うと、
学習行動が般化されているかどうか、という問題です。

「これ」とは冒頭の、
クライアントから記事が送られてきたということです。

つまり、
スピーチコンサルティングを受けたという経験によって、
スピーチに対してアンテナが立っている人と
立っていない人がいるのです。

アンテナが立っていない人は、
一回限りの成功で終わってしまいます。
大事なスピーチがあるたびに
スピーチコンサルティングを受けなくてはなりません。

アンテナが立っている人は、
日常のあらゆる機会を学びに結びつけることができます。
結果、スピーチがさらに上達していくのです。

今回新聞記事を送ってくださったFさんは、
スピーチに対するアンテナが立っているからこそ
新聞を見ながら大統領選挙の記事が目に付いたわけです。
まさにスピーチが上達する人の行動傾向です。

=====

先日、
別のクライアントからも嬉しい報告が届きました。
メディアトレーニングを受けてから
動画撮影をなさった方です。

撮影後すぐにメールを下さいました。

「本日スタジオでの撮影が終わりました。
  これまでの動画とは、全く異なるレベルになった
  という感覚はあります。」

この方も、スピーチコンサルティングを受けたあと、
いつも定期的に気づきを知らせてくださいます。

だからこそスピーチだけでなく
ご本人のビジネスにおいて確実に結果を出し、
スピーチから始まった成果を目に見える形で
手に入れていらっしゃいます。

=====

このように
コンサルティングでご縁をいただいた方々が
大事なスピーチの成功はもちろんのこと、
スピーチが上達しつづける人になるために。

さらには
スピーチの成功によって
その方のビジネスをはじめ、
もっと大きな成功を手に入れていただくために。

私も心理学の立場から、
スピーチのトレーニング方法について
もっともっと研究を進めてまいります。

このブログを読んでくださっている皆さまも
ぜひ日ごろから
スピーチに対するアンテナを立ててみてくださいね。

 

◆◆スピーチコンサルの様子を収録!教材DVDのお知らせ◆◆

コンサルティングを受けにくることが
時間的・距離的に難しい方に好評いただいております
セミナー・講演DVDです。
いよいよ在庫が20を切りました。

ご検討中の方はお急ぎください。
(重版予定なし)
詳しくはこちら↓↓
http://www.authenty.co.jp/dvd2/
DVD02