メディア トレーニング

スピーチが上達する人、しない人


スピーチコンサルティングを受けてくださっている
クライアントのFさんから、
読売新聞の記事が届きました。

その記事には、
米大統領選における
ノンバーバル(非言語)表現の重要性が
書かれていました。

14463872_1162000127179121_662741176_n

「これが、大きな違いなのよね!」と
記事を拝見しながら、一人唸っております。

スピーチコンサルティングを受けてくださる方の多くは、
ある大事な場面でのスピーチのために、
という目的を持っていらっしゃいます。
まとまった時間のコンサルティングを受けることで
その大事な場面のスピーチでは、
望んだ結果を手に入れてくださいます。

しかし問題は、その後です。

大事な場面が終わったあとも
スピーチが上達しつづける人と、
大事な場面のスピーチの成功だけで終わる人がいます。

その違いは「これ」だと思うのです。

心理学的に言うと、
学習行動が般化されているかどうか、という問題です。

「これ」とは冒頭の、
クライアントから記事が送られてきたということです。

つまり、
スピーチコンサルティングを受けたという経験によって、
スピーチに対してアンテナが立っている人と
立っていない人がいるのです。

アンテナが立っていない人は、
一回限りの成功で終わってしまいます。
大事なスピーチがあるたびに
スピーチコンサルティングを受けなくてはなりません。

アンテナが立っている人は、
日常のあらゆる機会を学びに結びつけることができます。
結果、スピーチがさらに上達していくのです。

今回新聞記事を送ってくださったFさんは、
スピーチに対するアンテナが立っているからこそ
新聞を見ながら大統領選挙の記事が目に付いたわけです。
まさにスピーチが上達する人の行動傾向です。

=====

先日、
別のクライアントからも嬉しい報告が届きました。
メディアトレーニングを受けてから
動画撮影をなさった方です。

撮影後すぐにメールを下さいました。

「本日スタジオでの撮影が終わりました。
  これまでの動画とは、全く異なるレベルになった
  という感覚はあります。」

この方も、スピーチコンサルティングを受けたあと、
いつも定期的に気づきを知らせてくださいます。

だからこそスピーチだけでなく
ご本人のビジネスにおいて確実に結果を出し、
スピーチから始まった成果を目に見える形で
手に入れていらっしゃいます。

=====

このように
コンサルティングでご縁をいただいた方々が
大事なスピーチの成功はもちろんのこと、
スピーチが上達しつづける人になるために。

さらには
スピーチの成功によって
その方のビジネスをはじめ、
もっと大きな成功を手に入れていただくために。

私も心理学の立場から、
スピーチのトレーニング方法について
もっともっと研究を進めてまいります。

このブログを読んでくださっている皆さまも
ぜひ日ごろから
スピーチに対するアンテナを立ててみてくださいね。

 

◆◆スピーチコンサルの様子を収録!教材DVDのお知らせ◆◆

コンサルティングを受けにくることが
時間的・距離的に難しい方に好評いただいております
セミナー・講演DVDです。
いよいよ在庫が20を切りました。

ご検討中の方はお急ぎください。
(重版予定なし)
詳しくはこちら↓↓
http://www.authenty.co.jp/dvd2/
DVD02

周りに応援されるための話し方・ オリンピックは、ココに注目!


日本時間の8月6日に開幕した
リオデジャネイロオリンピック。
開会式では、同日同時間帯に行われた
広島の平和記念式典に合わせて、
日系移民をテーマにした演出もありましたね。

20160806-OYT1I50026-N
出典:YOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2016/digest/20160806-OYT1T50082.html)
 

オリンピックでは、
競技を観戦することも、もちろん楽しみですが、
ぜひ、アスリートたちのスピーチ力に
注目していただきたいのです。

なぜなら彼らは
競技だけではなくスピーチ力も
日々トレーニングしているはずだからです。

メディアトレーニングは、
政治家や経営者だけでなく
スポーツ選手の世界でもよく行われています。

私は、スポーツは専門外ですので、
今までスポーツ選手のクライアントを
担当したことはありません。

しかしながら、
試合後のヒーローインタビューで
選手が
定型文のように言うある言葉を聞くたびに
違和感を覚えていました。

ある言葉とはどんな言葉でしょうか?

=====

8月8日、米メジャーリーグ・マーリンズのイチロー選手が
メジャー通算3000本安打を達成しましたね。

20160806-OYT1I50026-N
出典:YOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/matome/20160615-OYT8T50067.html?from=ytop_os1&seq=02)

日経新聞によりますと、
イチロー選手は、昨年のマーリンズ入団会見時、
次のように話したそうです。

「頑張りますので、
 これからも応援よろしくお願いします、
 とは絶対いいません」。

そうです、
聞くたびに違和感を覚えるある言葉とは

「応援よろしくお願いします」です。

いろいろなヒーローインタビューで
最後のまとめの一言として発言する選手が多くいます。

応援とは、
選手からお願いすべきことではなく、
選手の姿を見た観客の心から
自然と湧き上がってくるもの。

状況に左右されず、
自分の仕事を粛々とやり遂げる
イチロー選手の覚悟、
そして、さすがの一流のコメント力を
私は感じました。

ヒーローインタビューは、
その試合の功績を通して、
自分の意気込みや、感謝の思いを
世間に伝えるチャンスなのです。

そんなチャンスに紋切り型の表現をしてしまうのは
もったいない!

紋切り型の表現は、ただの挨拶と同じ。
聞き手の心に届かないどころか、
かえってマイナスになる場合もあります。

=====

ヒーローインタビューは
試合の結果次第ですので、
いつコメントを発する場面になるか分かりません。

ですから、
日頃から自分の思いを言葉にして
ある程度考えておくことが必要でしょう。
そこへ、その時の興奮や、素直な感情を掛け合わせれば
ファンの心に響くはずです。

8月7日、オリンピックの400メートル個人メドレーで
金メダルを獲得した競泳の萩野公介選手。
毎日新聞によりますと、
レース後のインタビューで
こう語ったそうです。

「(ゴールに)タッチした瞬間、
自分は一人じゃないと心の底から思えた」

20160806-OYT1I50026-N

 

 

 

 

 


出典:YOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2016/digest/20160807-OYT1T50104.html)

多くのメディアで
この「自分は一人じゃない」というフレーズが
見出しに使われています。

数々の大会で優勝してきた萩野選手は、
金メダルの有力候補でした。
その彼が
周囲の支えのおかげで金メダルが取れたと
自分の言葉で感謝の気持ちを語ったからこそ、
聞き手の心をつかんだのです。

ヒーローインタビューは、
スポーツ選手だけのものではありません。
あなたも、いつヒーローインタビューを
求められるかわかりません。

つまり
突然コメントを求められる、ということです。

常にいくつかの言葉を用意しておくことで、
とっさの時にもあなたらしさのある
信頼される話ができるのです。
結果として周りから応援されます。

このような考えについて
私がメールマガジンで情報発信をしたところ、
読者の方からお返事をいただきました。
ご本人から許可をいただきましたので、紹介します。

=====

今回のメルマガを拝見し
「全くその通り!」だと思いました。
私も常々、スポーツ選手や芸能人のインタビューで違和感を持っていました。
まさにその一つが「応援よろしくお願いします」です。
おっしゃる通りです。なんだかとってもスッキリいたしました。
ありがとうございます。
実はもう一つ違和感を持つ言葉に「感動を与えたい」があります。
こちらも同じくですね。

=====

コメントをいただいたSさん、ありがとうございます。
おっしゃるとおり「感動を与えたい」もよく耳にする言葉になりましたね。
普段何気なく使われている言い回しに
疑問を持ち、考えてみる。
この姿勢が、スピーチ力の向上につながります。

柔道や競泳をはじめ、
多くの競技で日本人選手のメダルが期待されている
リオデジャネイロオリンピック。
ぜひ、アスリートたちのヒーローインタビューや
試合後のコメントにも注目してみてくださいね。