メディア トレーニング

ビジネスにおいて「好印象」より大切なもの

スピーチの個別トレーニングを
受けてくださっている経営者から
一通のメールをいただきました。

彼は対面で行う個別トレーニングだけでなく、
自宅で動画を何度も見てくださって、
スピーチを含めた
ビジネス・コミュニケーションを
学んでいます。

今回、数年来力を入れてきた大切なお客様と
大きなお仕事に繋がりそうなチャンスがあり、
コミュニケーショントレーニングの力を
試されたそうです。

ビジネスパーソンには、
気になることだと思いますので、
シェアしますね。

※御本人の許可を得て掲載しています。

======(ここから)

重要客先の社長様との面談が突然入りました。
この数年重点的に力を入れてきたお客様です。
(中略)
当社の特長や
お客様へのこれまで、
そして今後の対応ポリシーなどを
直接聞いていただくまたとない機会です。
とはいえ、
私には苦手なシチュエーションです。
(中略)
コンサルで習った通りの型で話をしたところ、
帰り間際に
「こんな機械の共同開発をしませんか」と
具体的な申し出を直々にいただきました。
これは最高の結果です!

多分相手企業が
長年温めていた構想と思われます。
こちらの姿勢が社長様の背中を押したのかな、
といい解釈をしております。

======(ここまで)

**************************************
「好印象」より大切なものは、話の「間」
**************************************

彼へ個別で行っていたトレーニング内容は、
出会った瞬間に優位に立つ方法や、
その後のやり取りで全て
自分が主導権を握ることができるようになる
コミュニケーション手法などでした。

ビジネスの現場では、
第一印象に「好印象」は必要ありません。

なぜなら、
好感度が高くても
仕事に繋がらないのであれば、
仕方がないからです。

そしてもうひとつ、
大切なことを彼は実践しました。

それは4月1日にリリースした
動画に収録されている、
話の「間」を使いこなしたのです。

「間」をとって相手からの言葉を待つ方法、
「間」を自然に取るための方法、
などです。

経営者の方々は、社員や取引先に影響力を
与える人物であることが求められます。

経営者だけでなく、
営業職や、役人の方々も同じように
頭を痛めるところではないでしょうか。

特に実績が少なかったり、
同業者の方に良い条件が揃っていたりすれば、
尚更、話し手の影響力が大切になります。

それだけに、
一挙手一投足に意図を持たせて話さなければ、
ビジネスチャンスを逃しかねません。

そのスタンダードスキルが、
話の「間」なのです。

★あなたの話し方を、
「間」を使った話し方で、
ビジネスの武器に変えましょう。
話し方の理論とやるべきステップを
2時間で学べます。
https://bit.ly/2vS7Kxc

 

********************************
編集後記
********************************

プレゼントをご用意した
『たった一言で人を動かす「最高の話し方」
完全マスターセット』
動画発売記念スプリングキャンペーンは、
本日が最終日になりました。

4月1日にリリースしたこの動画も、
ほぼ毎日のように購入してくださる方が
いらっしゃいます。
皆様のお役に立てることを
とてもうれしく感じています。

私がこの動画に込めた思いは、
ひとりでも多くの方に、
人を動かす話し方をマスターして
いただきたいということです。

せっかく素晴らしい知識や経験があるのに
それをうまく伝えられないことで
損をしてしまう方々を多く見てきました。

しかし、
私が個別指導をするには
人数の限界があります。
そこで動画を制作することにしたのです。

検討されていた方はこのチャンスを、
お見逃しのないようになさってください^_^

★フリーアナウンサーや講演家も
参加しているセミナーを収録。
繰り返し見ることで、学びが定着します。
4/30まで!「人を動かす話し方」
スプリングキャンペーン実施中。
https://bit.ly/2HVSm7Z

2018年4月30日


パーティー挨拶をビジネスの武器に変えた経営者

4月は新しい出会いが多い季節。
異業種交流会やパーティーに
お誘いを受けるという方も多いことでしょう。

その場限りの出会いで終わらせてしまう人と、
人脈を広げて新たなビジネスのチャンスを
つかむ人が現れます。

それは、
あなたの「話し方」によって
差が生まれてしまうのです。

 

先日、
クライアントのある経営者の方から
パーティーの挨拶で驚きの体験をした
という報告をいただきました。

パーティー挨拶を、
ビジネスの武器に変えたようなのです。

ご本人から許可をいただきましたので、
みなさんにもシェアさせていただきます。

**********************************
スピーチもPDCAサイクルでうまくなる
**********************************

いただいたご報告のメールは
このような内容です。

– – – – –

今夜のパーティーでの代表挨拶、
うまくできました!

矢野さんのお陰で
スピーチをする喜びを感じています。
今はメキメキ上達している実感があります。
真髄を教えてもらっていると思います。
本当にありがとうございます!

今夜の会で、
「いろんなパーティーで挨拶を聞いてきたけど
今日の挨拶が一番素晴らしかった」とか、
「名刺交換して下さい」とか、
異業種の方から何人も声をかけてもらえて、
びっくりしました。

最高の気持ちで、パーティー終了後に
ひとり祝杯あげています!

– – – – –

ご報告ありがとうございます!

このクライアントの方は、

コンサルで原稿準備、
スピーチトレーニングをする

本番のスピーチ

本番の時に撮っておいたビデオを私が分析する

次の本番

ということを繰り返しています。

これはまさに、

Plan(計画)

Do(実行)

Check(評価)

Act(改善)

PDCAサイクルです。
こうした積み重ねが今回の成功のコツです。

いただいた感想の中で
特に嬉しかったのが「真髄」という言葉です。

弊社の社名である
「Authenty(オーセンティ)」は、
英語の”authentic”という言葉から
考えたものです。

authenticには、
「真正の」「本物の」という意味や
「信頼のおける」という意味があります。

まさに私のスピーチに対する考え方を
表現している言葉です。

本物の言葉は
その人が今まで培ってきた価値観から
生まれます。

「思いをその人らしく強く伝えること」が
できたとき、スピーチは信頼となって
深く人の心に刺さるのです。

これこそがスピーチの「真髄」。
皆さんにもその「真髄」を
手に入れてほしいのです。

伝えたいメッセージは
そのままでは光らない原石です。
それをスピーチという武器に磨き上げる
お手伝いをしたい。
私はそう願っております。

★あなたの話し方を
ビジネスの武器に変えましょう。
話し方の理論とやるべきステップを
2時間で学べます。
https://bit.ly/2qQWSeg

********************************
あとがき
********************************

前回のブログで、
緊張した場面やとっさの判断が必要なときでも
最適な話し方をするには、
「無意識的有能状態(考えなくてもできる)」
になるまでトレーニングすることが大切
という話をいたしました。

こちらをご覧になった方から
メールをいただきました。

この方は、
4月1日リリースした動画
『たった一言で人を動かす「最高の話し方」』
をスマートフォンにダウンロードして、
電車の中などで繰り返し見て
イメージトレーニングをされているそうです。

「講義内容はもちろんですが、
 先生の一挙手一投足に注意して見ています。
 無意識的有能にはずいぶん遠いですが、
 近づくようには努力中です」
とのこと。

メールありがとうございます!
少しの時間も学びの時間にする姿勢。
素晴らしいですね。

こうした積み重ねを続けていけば
いつの間にか
「無意識的有能状態」になっているはずです。
応援しています!

そして、
この方は、一挙手一投足にも注意して
ご覧になっているとのこと。

「一挙手一投足、意図を持ち話す」というのが
私の話し方におけるモットーです。

もちろん動画の中でも実践していますので、
ぜひ皆さんもご覧になってくださいね。

★フリーアナウンサーや講演家も
参加しているセミナーを収録。
繰り返し見ることで、学びが定着します。
4/30まで!「人を動かす話し方」
スプリングキャンペーン実施中
https://bit.ly/2qSoUpC

2018年4月24日