矢野香の仕事について

「朝礼スピーチ」を馬鹿にしてはいけません

前回のブログで、
スピーチの個別トレーニングを
受けてくださっている経営者からの
メッセージをご紹介しました。

スピーチの対面トレーニングだけではなく、
動画を何度も見て、スピーチを含めた
ビジネス・コミュニケーションを
学んでいるという経営者の事例でした。

(※読み逃していた方はコチラ↓)
ビジネスにおいて「好印象」より大切なもの
http://authenty.co.jp/blog/archives/2755

実はこの事例には
まだ続きがあります。

その経営者は、
トレーニングでお伝えしている
ビジネス・スピーチのノウハウを
「社員向けの朝礼」でも使ったそうなのです。
そのときの感想もいただいています。

さて、
朝礼でスピーチスキルを使うと
何が起きたのでしょうか?

ビジネスパーソンには、
気になることでしょうから
シェアしますね。

※御本人の許可を得て掲載しています。

======(ここから)

会社説明会と同じ内容を
社員にも是非聞いてもらいたいと思い、
社内の朝礼でも話しました。

ヤマ場は私の〆の言葉。
「皆さんの力でキラリと光るNo.1を
世界中に散りばめてください」。
ここで社員は前のめりになって、
瞬きを忘れて聞き入っていました。

前日のコンサルで教わった通りでした。
いままで何回も朝礼をしていますが、
今回体験したような、「あっ、つかんだ」と
感じた場面は記憶にありません。

いつもの朝礼は、
大方のところ、朝礼があるから集まった。
終わったから解散。
という感じが多いです。
突っ立っているだけ、と言うと
さすがに言い過ぎですが。

今回のような社員の反応は初めての体験です。
強烈に心に残っています。
これからも
この「あっ、つかんだ」の瞬間を
増やしていきたいです。
同じ場面を再現させたいです。

======(ここまで)

**********************************************
「朝礼スピーチ」を軽くみると危険です
**********************************************

「たかが朝礼」と、
簡単と捉えている方もいるかもしれません。
社内の人間に話をするし、時間も短いし、と。

しかし、
「朝礼スピーチ」は
経営者や管理職の方にとっては
自らの影響力が社員に及ぶ
絶好のチャンスなのです。

朝礼スピーチで社員の心を惹き付けることで、
多少の無理難題も飲み込んで
がんばってもらえますし、
不満も出にくくなります。

企業のリーダーであるべき管理職の方々は
「業務指示を出す方」であり、
部下は「業務指示を出される方」という、
目には見えない壁が存在しますね。

その壁を乗り越え、チームとして
円満に仕事を続けるためのチャンス。
実はそれが、「朝礼スピーチ」に秘められた
ポテンシャルなのです。

言いにくいことも言いながら、
社員も納得の上、
動いてもらうことができます。

「朝礼」で注意すべきポイントは、
経営者のパッションを伝えて
リーダーシップを印象づけることです。

そのためには、
「PREP・LP法」と私が名付けた
話の組み立てで話すことがおすすめです。
いわゆる「PREP法」をアレンジした
リーダーのための話し方です。

詳しくは、拙著
『NHK式+心理学
一分で一生の信頼を勝ち取る法』
をご覧ください。


https://www.amazon.co.jp/dp/4478027803

「PREP・LP法」で
どんな内容を話すかの
言語情報をコントロールする。

そしてさらに、
今回リリースした動画で紹介している
話の「間」を使って、
影響力を高める非言語情報を
コントロールすることが何より大切です。

もしも
あなたが管理職や接客業、サービス業のような
人を動かさなければならない方であるならば、
『「PREP・LP法」+ 話の「間」』
使いこなせるようになるべきです。

そうすることで
感想をいただいた経営者の方がおっしゃる
「あっ、つかんだ」の感覚を実感できます。

反対に
上司に囲まれているような方にも
おすすめです。

『「PREP・LP法」 + 話の「間」』
をマスターすることで、
上司から一目置かれるようになります。

残念ながら、
こうしたビジネス・コミュニケーションの
観点から話し方を学んでいる方は
まだ少数です。

少し磨くだけでも他者より
抜きんでた存在になれることは明らかです。

ちなみに動画で学びたい方は、

『話の「間」』はコチラの動画で、


https://bit.ly/2KFT7Ax

 「PREP・LP法」はコチラの動画で、


https://bit.ly/2jxD9fr

学ぶこともできますので
参考になさってくださいね。

******************************
あとがき
******************************

プレゼントをご用意した
『たった一言で人を動かす「最高の話し方」
完全マスターセット』
動画発売記念スプリングキャンペーンは、
おかげさまで盛況のうちに終了いたしました。

ご感想を送ってくださった皆さま、
ありがとうございました。

キャンペーンの抽選は
5月10日に行います。
(当選者の発表は発送をもって
代えさせていただきます)

賞品が当たった方はラッキー^_^
ご自身のスキルアップのために
どんどん活用してください!

とても好評でしたので、
またキャンペーンを行うかもしれません。

一人でも多くの方に、
人を動かす話し方をマスターしていただき、
自分の考えを語り、
やりたいことができるようになる人を
増やしていくことが私の願いです。

★フリーアナウンサーや講演家の方も
購入できます。
心理学に基づくアカデミックな
話し方のスキルを学びましょう。
繰り返し見ることで、学びが定着します。
https://bit.ly/2KFT7Ax

2018年5月7日


チャンスをものにする人は話し方で差をつける

4月も半ばを過ぎました。
異動や転職など、
新年度から環境が変わられた方も
少し落ち着かれた頃でしょうか。

4月1日にリリースされた話し方の動画を
購入いただいた方からのご感想が
続々と集まっています。

その中に、
下記のような感想をメッセージしてくださった
経営者の方がいらっしゃいます。

「ダウンロードも無事完了、
 拝見させていただいております。
 先生の話し方に昨日ご指導いただいたことが
 随分含まれており、
 お手本としても最高です。」

このご感想をくださった経営者の方は、
スピーチの個別トレーニングを
受けている方です。

「なぜ個人指導を受けているのに
 動画も見るの?」

という疑問が頭に浮かぶ方も
いらっしゃるかもしれませんね。

その理由には、
人を動かす話し方を身につける上で
大切な秘訣があるのです。
今日はこのことについてお伝えします。

**************************************
緊張した場面で人を動かす話し方が
出来たときに得られるもの
**************************************

ご感想をいただいたクライアントは
産業機械メーカーの3代目の経営者で、
広く話し方を学びたいと
個別トレーニングを始めた方です。

先日は、
3~4月にピークを迎える採用活動のための
会社説明会で行う社長スピーチについて
個別トレーニングを行いました。

その後、動画を繰り返し見ることで
イメージトレーニングされているのです。

私が今回リリースした動画の中で
こだわっているのは2つ。
「基礎編」を見て、理論を頭で理解すること。
そして、「実践編」を見て、
ワークを多く盛り込み身体で覚えることです。

その理由は
この2つのプロセスこそが
スキル習得のためにとても大切だからです。

心理学で
『無意識的有能』と呼ばれる状態があります。
最初はできなかったスキルを
考えなくてもできるようになる
という状態です。

例えば
子供のときはできなかった歯磨き。
いまでは朝眠い目をこすりながら
無意識でもできますよね?
それが無意識的有能の状態です。

人前で話すということについても
この無意識的有能状態にならなければ、
緊張した場面やとっさの判断が必要なときに
その場に最適な話し方を
することができません。

そこで、この経営者は
個別トレーニングを受けながらも
動画を購入し自宅でも反復練習をし、
無意識的有能状態を
目指していらっしゃるのです。

ビジネス場面において、
ある一定以上の立場の方は
突然スピーチを頼まれることや
意見を求められることが意外に多いものです。

そんなときにいろいろと意識せずに
パッと無意識で、その場にふさわしい話を
することができるかどうか。

また、まだ実績が少ないという立場のときは、
上司や取引先に発言するというチャンスは
少ないかもしれません。

それだけに、
そんなチャンスがめぐってきたときに
いろいろと意識せずにパッと無意識で
少ないチャンスをものにできるかどうか。

ビジネスパーソンは、
そんな緊張感のある試される場面が
幾度となく訪れているのではないでしょうか?

役職が上がれば上がるほど、信頼を勝ち取り、
聞き手の行動を変えていくことを
求められる立場になりますね。

それはアルバイトでも、
経営者でも同じはずです。

動画でお伝えしていることを
『無意識的有能(考えなくてもできる)』
状態にすることができたなら、
仕事も私生活もワンランク上の自分になる
手応えを感じることになるはずです。

動画を見ていただくとわかるのですが、
決して難しいことをお教えしてはいません。

本来の自分の言いたいことを、
ありのままに伝える手法を
お伝えしているだけです。

本当の自分の力を
正当に評価してもらうためにも、
人を動かす話し方を
ぜひ身につけてくださいね。

★本当の自分の力を
正当に評価してもらうためにも、
人を動かす話し方を身につけませんか?
人を動かす話し方の理論と
やるべきステップを2時間で学べます。
https://bit.ly/2HpAoul

********************************
あとがき
********************************

先日のブログで、
大学教員の話し方がわかりづらく、
これからの大学生活、授業についていけるのか
不安になった学生のお話をしましたね。

Facebookでも同じような内容について
投稿したところ、
400人を超える大勢の方から
賛同の「いいね」や
コメントをいただきました。
https://bit.ly/2qpOJfA

大学教員の話し方に不満を持つ方が
いかに多いかよくわかりました。
いえ、大学教員だけではありません。
人前で話す立場である人たちの話し方に
不満を持つ方がいかに多いか、です。

人前で話す立場である以上、
どんな理由を挙げても
それは一切言い訳でしかない。

「話が伝わらないのは、すべて話し手のせい」

というお話を以前させていただきました。
大学教員の端くれである私も
あらためて肝に命じておきたい教えです。
自戒の念をこめて。

★「伝える」スキルを身に付けて
聞き手の被害者を減らしましょう。
他者にしっかりと伝わった喜びを
経験していただけます。
4/30まで!「人を動かす話し方」
スプリングキャンペーン実施中
https://bit.ly/2qD410Q

2018年4月17日