矢野香の仕事について

【前編】会話をスムーズに続けるコツ

こんにちは 矢野香です。

先日
歌舞伎役者・片岡愛之助さんのトークショーで
インタビュアーを務めさせていただきました。

愛之助さんといえば、現在放映中の
NHKの朝の連続テレビ小説「まんぷく」に
出演しているほか、
様々な映画やドラマでも活躍されていますね。


出典元:https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/#k_keisuke

トークショーでは、
歌舞伎のこと、舞台のこと、
テレビドラマのこと、
そして奥様である女優・藤原紀香さんとの
プライベートのことなど
ファンの方々が聞きたいであろうこと
盛りだくさんでお話をしてくださいました。

インタビュー中に、
椅子から立ち上がって歌舞伎での所作を
実際にしてみせてくださったり、
2013年に放映されたドラマ「半沢直樹」で
演じた黒崎駿一氏のおネエ口調を
披露してくださったり、
サービス精神旺盛な姿に
お客様を楽しませようとする
プロ根性を感じました。

嬉しかったのは、終了後、
以前別の機会に愛之助さんのトークショーを
聞いたことがあるという観客の方から
声をかけてもらったこと。

「今日の愛之助さんはノッてましたね。
 あんなにいろいろ話してくれるなんて、
 聞き手でこんなに違うんですね」

久々の聞き手役でしたが、
お役目を果たせたようでホッとしております。

インタビュアースキルといっても
特別なことをしているわけではありません。
日々の私たちの会話の時と同じ
コミュニケーションスキルを使っています。

今回は、相手に気持ちよく話してもらい、
会話をスムーズに続けるコツを2つ
お伝えします。

**********************************
事前準備の落とし穴
**********************************

相手に気持ちよく話してもらう
1つ目のコツは
相手に興味を持つこと。

当たり前のようでいて
実はつい忘れがちな基本です。

インタビューの準備は、
ゲストのこれまでのインタビュー記事などの
関係資料や書籍を調べるところから
始まります。

今回の愛之助さんの資料の中では、
この自叙伝はおもしろかったですよ。
『愛之助日和』
アマゾンはこちら↓
https://amzn.to/2J6Dlyg

子役から歌舞伎の世界に入り、
座頭を務めるまでになった愛之助さん。
役者人生のターニングポイントや
プライベートについても
語り下ろされています。

資料や書籍を読んでいくと、
興味がわいてきて、
「お会いしたらこんなことを聞いてみたい」
といういろんな質問が浮かびます。

とはいえ、あまり準備をしすぎると
落とし穴が…。

NHKのキャスタ―時代、
研修でこんなことがありました。

それは
インタビューについてのトレーニング。
私は用意していた質問を
インタビュー時間内にすべて尋ねることに
必死でした。

ゲストが答えたことを広げたり
さらに深掘りしたりせず、
用意した質問をするために、回答に対して
「なるほど」
「そうですか、では次の質問です」
というように次々と聞いてしまいました。

研修で指導してくださっていた
大先輩のアナウンサーから
「ゲストが今話してくれている答えを
 もっと集中して聞いて!」と、
注意されたことがあります。

質問内容を事前に決めて
そのとおりに進めようとすると、
一問一答のような
味気ないやり取りになってしまいます。

ですから、
事前に考えた質問にとらわれすぎず、
相手の答えをしっかりと聞くことを
心掛けてみましょう。

2つ目のコツは、また次回にお伝えしますね。

★「何を語るか」の言語表現テクニック。
 「どう語るか」の非言語表現テクニック。
 この2つに意図を持つことで
 人を動かす話し方となる。
 そんな「NHK式」話し方を公開。

『「人を動かす話し方」を身につけるための
教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/2EUpEno

2018年10月26日


セミナー報告後編 セミナーでの学びを定着させる〇〇稽古

今回は前回に引き続き、
9月30日に開催した

信頼を勝ち取る
「自己表現力」養成セミナー&
グループコンサルティング

の様子をご紹介します。

**************************************
セミナーでの学びを定着させる〇〇稽古
**************************************

今回のセミナーとグループコンサルのテーマは
信頼を勝ち取る「自己表現力」

毎回安定した結果を出すために、
心理学をベースにした正しい自己表現法
をお伝えしました。

セミナーの最後は、
私が担当させていただくセミナーでは恒例の
「代表者ワーク」。

どなたかお一人が前に出て
実際にスピーチを行う。
それに対し、
その場で改善点をご指導させていただき
直していく、というものです。

いわば
「公開スピーチトレーニング」なのですが、
セミナーによく参加してくださる
常連の方々には、
別名「愛ある吊し上げ」とも
呼ばれています(笑)

今回はこの代表者ワークに5人が
立候補されました。

ジャンケンで権利を獲得したのは、
40代の女性経営者。
自分の新しいビジネスについて
スピーチをしました。

初めはどこか自信がなさそうに見えた
彼女の話し方を、
当日セミナーでお伝えした内容+αの
「自己表現スキル」で変更したところ、
会場からも驚きの声があがるほど
改善しました。

このワークについて、
参加した方がご自身のブログや
Facebookなどで
感想を書いてくださいました。

ご本人から許可をいただきましたので、
ご紹介します。

◆Kさん
====(ここから)

最後、「見取り稽古」で
話し手が、ものすごく変わった。

ここまで、こだわるの?!
こだわります。
だからこそ、1回のフィードバックで
大きく変化する。
「何となく」ではない。

明確な戦略あって。
そして一流のこだわり。
一流の当たり前の基準に
触れられた。

ライブのセミナーならでは。
話し手の変化。

熱気。
話し手の緊張、興奮。

この体感覚は貴重な学び。

=====(ここまで)

Kさんの感想全文はこちら
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=526480121169759&id=100014233272608

◆Aさん
====(ここから)

同日の午後開催のグループコンサルまでは、
ハードルが高く感じてしまい、
申し込まなかったのですが、深く後悔。

こういうことは、リアル講師の前で、
かつクローズな集団の中で実践し、
ミスをしまくることで得る経験が大切なのに…
勇気を出さなかった自分を悔やみました。

ともあれ、セミナーの内容は大満足。

特に、初対面の人に向けてや、
ビジネスの場において再現性のある
「コミュニケーション・スピーチ法」
を持つことは、
信頼を得るだけでなく、
その人の情熱を伝えるための、
必要不可欠なツールであると感じました。

ただし、それを身につけ自然に表現するには、
それなりの意思を持って
トレーニングすることが必要になります。

だからこそ、そこにはプロによる、
その人に合った導きが不可欠だとも
考えられます。

セミナーの最後に、
一人の参加者のプレゼンを
矢野さんがスピーチコンサルティングを
していったのですが、
同じ内容の文章なのに
伝わり方がどんどん変化し、
その人が輝いて見えてくるのです。

とても充実した、2時間でした。
あ~、グループコンサル
申し込んでおけばよかった…。

=====(ここまで)

Aさんの感想全文はこちら
https://blog.goo.ne.jp/yapf/e/626c3d8a25eedf0e056826b17cff1bd9

Kさん、Aさん、
感想ありがとうございます。

このように、「代表ワーク」は、
実際に行っている人だけでなく、
見ている人も学びになるのです。

それをKさんは、
ほかの人の稽古を見て学ぶ
武道の「見取り稽古」
表現してくださいました。

例えば、大相撲の場所前によく流れる
横綱が稽古をつけているニュース。
それを他の力士が周りで見ている映像を
見たことがありませんか。
あれが「見取り稽古」です。

まさに的確な言葉ですね。

心理学では
学習行動の「モデリング」といいます。
学習を定着させるための訓練方法です。

実はこの「代表者ワーク」をもっと極めたのが
グループコンサルです。
なぜなら「見取り稽古」を
少人数で全員が行うからです。

他者から学ぶことができる「モデリング」は
一人で何度も練習するのとは
また違った学びがあります。
それがセミナーでのワークや
グループコンサルなのです。

皆さんも
ご自身が何かのセミナーを受けるとき、
あるいはご自身がセミナーを企画するときに
「モデリング」の要素を取り入れて
学びの定着率をあげてみてくださいね。

★セミナー講師や講演家も必須の
「間」を使った話し方の理論を収録。
繰り返し見ることで、学びが定着します。
https://bit.ly/2NLtZZl

**********************************
あとがき
**********************************

今回代表者ワークを行った女性。
実は、セミナーの前日に
申し込みをされた方でした。

台風による急きょキャンセルが出た枠で
すべりこみのお申し込みでした。

しかも、矢野について知ったのも
数日前とのこと。
ある著者の方が推薦してくれたそうです。

何となくHPをみていたところ
セミナーの告知をみつけ、
キャンセルが出ていたので申し込み、
代表者ワークに手を挙げたら権利を獲得。

さらに、
代表者ワークで手ごたえを感じていただき、
彼女はキャンセルが出ていた
午後からのグループコンサルにも参加。

グループコンサル終了後は
別の参加者からのお墨付きをもらうほど
別人のような説得力ある
力強い話し方をしていました。

彼女の積極的な行動をみていると
「もっている人」はもっているんだな~
とあらためて思った次第です。

きっと、「もっている人」とは、
目の前に来たチャンスを
ためらわずにつかみに行く人
なのでしょうね。

★あなたの話し方を
ビジネスの武器に変えましょう。
『「人を動かす話し方」を身につけるための
教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/2P5tHBp

2018年10月17日