矢野香の仕事について

矢野香 博士号取得のご報告


ダルマが割れてしまいました!

私事なので
あまりお伝えしておりませんでしたが、
大学教員として
心理学の見地からスピーチ研究を続けており、
この春、博士号を取得いたしました。

大学院入試の時に、合格祈願をしたダルマ。

ピンクの桜がついたダルマを見つけ、
「サクラサク」の縁起をかつぎ衝動買いしました。

入学後は、
机の上に置いたこのサクラダルマに見守られながら
博士論文と格闘しました。

修了後はダルマに眼をいれて
記念に飾ったままにしておきました。

………………………………………………………………

「話し方が上手くなった」
「話が伝わるようになった」
「良い感じの話し方」

話し方についてのこれらの誉め言葉は
心理学の立場からいうと意味がありません。

そもそも「話が上手い」とは
具体的にどういう行動をいうのか?

どんな言葉を使い、どんな声で、
どんな表情で、どんなジェスチャーで話せば
相手に「上手い」と感じさせる、
「伝わる」話し方、「良い感じ」の話し方ができるのか?

そして、
その話し方はどのようなトレーニングで身につくのか?

これが私の研究テーマです。

………………………………………………………………

おかげさまで
博士論文としてまとめることができ、
「今後はこの研究成果を社会にお伝えして貢献せねば。」
と思っていた矢先…。

割れてしまいました。
サクラダルマ。

何もしてないのに
机の上から落ちてしまったのです。
もちろん地震でもありませんでした。

「何?なんで落ちるの??」

神様とかスピリチュアルとかを
ものすごく信じている、とかではないのですが
「次にいけ!」
「行動せよ!」
と、天から指令を受けたような気がしました。

「Take time to deliberate,
but when the time for action comes,
stop thinking and go in.」

「じっくり考えろ。
しかし、行動する時が来たなら、
考えるのをやめて、進め。」

と、ナポレオンは言ったそうです。

8年間じっくり研究し、
考えてきたこのメソッド。

行動する時がきたのかもしれない。
考えるのをやめて、進むとき。
ダルマがそんなことをメッセージとして
伝えてくれている気がしました。

この夏、考えるのをやめて進みます!
今後ともどうぞよろしくお願いします。

新年は自分を変える チャンスです!


新しい年がはじまりました。
昨年中も矢野香公式ブログをご覧いただき、
ありがとうございました。
このご縁に心より感謝申しあげます。

おかげさまで、
2016年は
初の文庫本を上梓させていただきました。

▼amazonにてこちらからご注文いただけます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4837984339/

book05

2017年は、
新たな扉を開けて
新たなステージへ
大きく羽ばたくことを
新年の誓いとしました。

まずは
春にバーンと大きな扉を開ける予定で、
いま準備に追われているところです。

具体的にどんな扉を開けるのかは、
こちらでも
おいおいご紹介させていただきますね。

先日
そんな思いを知る
ある尊敬する方から、
こんな贈り物をいただきました。

金の箱に納められた真紅のハートのチョコレート。

自分の今のハート・気持ちを忘れないよう。
こうして応援してくださる方々への
感謝を忘れないよう。
大事に、大事に、心しながらいただきました。

=====

さて、
皆さんは年の初めにあたり
どんな誓いを立てましたか?
今年はこんなことに挑戦したい、
こんな人になりたいと
いろんな目標を掲げたことでしょう。

年が改まる1月は、
自分を変えられる大きなチャンスです。

この時期は、
職場などで抱負を述べる機会が多いもの。
その時に「今年はこうしていきたい」
と宣言してしまえば、
周囲も自然に受け入れてくれるからです。

目標が定まったら、
自分の周囲でロールモデルとなる人を
探してみてください。
そのロールモデルの声や話し方を研究するのです。

身近にいなければ、
メディアで見かける著名人でも構いません。

声の出し方(大きさ、高低、速度)は、
人に与える印象を大きく左右します。
ですから、それらを真似することで
目標に近づけますよ。

気をつけてほしいのは、
一度決めたものをコロコロと変えないこと。
いつも同じであるという安定感が
信頼につながるからです。

「今年はこれ」とテーマを決めたら、
ぶれずに続けてくださいね。