表現・印象にまつわるアレコレ

顧客に忘れられないビジネスマンの見せ方・話し方


10月10日に公示される衆議院総選挙を前に、
選挙戦から学ぶ
ビジネスで使える自己表現のポイントを
2回に分けてお伝えしています。

前回述べた1つ目のポイントは、
「名乗り方」でした。
今日は後編として、
2つ目、3つ目のポイントについてお伝えします。

====

「実物より良すぎる」写真に注意

====

選挙の場合は、
実物を見るよりも先にポスターで
候補者の顔を認識することがほとんどです。

しかし、「あれ?ポスターと実物が違う」と
感じたことはありませんか。

有権者に少しでもいい印象を与えたいと
写真に手を加えた結果でしょうが、
違和感を与えては逆効果です。

ビジネスパーソンなら、
このポスターにあたるのは、
SNSやブログなどで公開している自分の写真です。

いいところを見せたいというのは
人間の自然な心理ですが、
そればかりでは「これって本当?」と、
見る人は不信感を抱きます。

今は編集ツールやアプリで
素人でも簡単に
写真を加工できるようになりました。
しかし、これもやりすぎはNGです。

自分に不都合なことは隠そうとする人
虚勢を張る人
という印象を与えることになります。

自分がどんな写真をアップしているのか、
客観的にチェックしてみてくださいね。

====

キーフレーズでチャンスをつかむ

====

各政党や候補者にはブレーンがつき、
訴えたいことを様々な角度から
ブラッシュアップしていきます。
その一つが「キーフレーズ」です。

「キーフレーズ」とは
いつまでも印象に残る言葉のこと
を言います。

これは、
短く覚えやすい言葉で、
しかも有権者の興味を引くよう
工夫されています。

例えば今回の選挙では、

自民党総裁の安倍晋三氏は
「この国を、守り抜く。」

 
出典:http://www.tokyo-np.co.jp/
(http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201709/CK2017092902000113.html)

希望の党代表の小池百合子氏は
「さらば、しがらみ政治」


出典:https://www.jiji.com/
(https://www.jiji.com/jc/p?id=20170927102913-0025089905)

というフレーズを打ち出していますね。

いいなと思ったフレーズを参考に、
自分のキーフレーズを決めましょう。

キーフレーズを考えることで、
自分は何をしたいのか
会社や取引先にどんな利益をもたらすことができるのか
を明確にできます。

さらに
一瞬で言いたいことを伝えられる
キーフレーズがあれば、
どんなときでもビジネスチャンスを

つかむことができます。

「それってどういうこと?」と、
相手が興味を示したらしめたもの。
後から詳しく説明すればいいのです。

ですから
あれもこれもと欲張らず、
13文字以内にまとめることがポイントです。

この手法は
プレゼンやスピーチのときにも役立ちます。

あらかじめ話す内容のタイトルを
13文字以内で考えておけば、
「何を話せばいいか分からなくなった!」
という事態になっても大丈夫なのです。

いよいよ始まる選挙戦。

各政党・候補者の政策はもちろんですが、
選ばれるためにどんな手法を使っているのか
という点でも注目してみてくださいね。

優秀なビジネスマンはなぜ名前を連呼するのか?


9月28日、
安倍晋三首相が衆議院を解散しました。

これは「伝わる話し方を学ぶ」チャンスとも言えます!

なぜなら
私たちにとって選挙は
大事なリーダーを選ぶことであるとともに、
スピーチという視点でみると教材の宝庫だからです。

今回は選挙戦から学ぶ
ビジネスで使える自己表現を
3つのポイントに絞ってご紹介します。

まずその1つ目です。

====

ビジネスマンは「名乗り方」で差をつける

====

選挙カーで候補者が名前を連呼している姿を
ご覧になったことがあるでしょう。

例えば
「あべ しんぞう。 あべ しんぞう 
でございます!」

という選挙期間中のおなじみの光景ですね。

この名前の名乗り方こそが、
ビジネスにおいて重要な意味があります。

というのも
初対面の時に名乗るのは当然ですよね。

しかし、それだけでは不十分なのです。

次回会った時に、相手が自分の名前を
覚えていてくれるとは限らないからです。

前回名乗ったからと
挨拶もそこそこに話を始めては、
「この人はなんていう名前だったかな」
と相手は考えてしまいます。

大事な話も上の空
ということになりかねません。

では
どのように名乗れば
自分の名前を覚えてもらい、
話を聞いてくれるようになるか
ご説明しますね。

まず
「会うたびに、繰り返し名乗る」
ことが大切です。

相手が「分かっていますよ」という
反応をするまで続けてください。

次に
「必ずフルネームで名乗る」
「名字と名前の間に一呼吸置く」
ことを忘れないようにしてください。

選挙カーから聞こえる
候補者の名前の言い方に
注意してみてください。

名字だけを言うことはありません。

必ず、名字の後に間を置き、
名前を言っているはずです。

その方が
相手に覚えてもらいやすくなり、
きちんとした人という印象を与えられます。

『矢野香です』

とスラスラ名乗るのではなく、

『矢野…(間)…香です』

というように名字と名前の間に一拍置く
イメージですね。

2つ目、3つ目のポイントについては、
また次回、後編としてお伝えしますね。