表現・印象にまつわるアレコレ

「オンライン」の次に来るコミュニケーション方法は?

早くも2022年の
上半期が過ぎようとしています。

先日、日経MJが、この時期恒例の
「2022年上期ヒット商品番付」を
発表しました。
https://s.nikkei.com/3MEdzAy

消費動向や社会情勢の指標として
注目している人も多いのではないでしょうか。

今回の「ヒット商品番付」で
「西の大関」となったのが、
「メタバース」です。

メタバースとは、
インターネット上の仮想空間のこと。
このメタバースがオンラインの次にくる
コミュニケーションとして注目されています。

自分の分身となるアバターを通して、
仮想空間の中で様々な体験ができる、
そんな時代が到来しつつあるのです。

 

****************************************
自民党が行った日本初の試みとは?
****************************************

6月5日、
こんな演説会が行われたのをご存じでしょうか?
https://bit.ly/3O8wYus

自由民主党青年局が行った
「メタバース演説会」です。


出典:https://www.jimin.jp/news/information/203743.html

メタバースでの政党による
演説会開催は日本初とのこと。

メタバース空間に
街宣車やのぼり旗等が再現され、
広報本部長の河野太郎氏や
牧島かれんデジタル大臣らのアバターが
演説を行いました。

同党によると、のべ1000人近くが同じく
アバターで参加したということです。

私も女性アバターを使って参加しました。
アバターの聴衆からは拍手や指笛等の
リアクションが数多く送られ
盛り上がっていました。

印象的だったのはリアルの演説会では
なかなか見られない距離の近い
コミュニケーション。

コメント欄では
牧島大臣に対して
「かれんさん、声が可愛い」という声が
多く寄せられ、
牧島大臣も聴衆に対して
「みんな~してくれるかな?」という
いわゆる「タメ口」の言葉づかい。

河野広報本部長は日頃からTwitterで
親しみやすいキャラクターを
表現なさっていますが、
登場シーンで「あれ?どっち?」と
アバターの操作に戸惑って
他の議員がお迎えにいくというハプニングには
さらに親しみを感じた方が多かったことでしょう。


出典:https://www.jimin.jp/news/information/203743.html

さらに最後は河野氏が
「みんなで最後飛ぼうぜ、イェイ」と言って
参加者と一緒にジャンプをするといった
リアルの演説会ではできないような演出も。

その様子は
こちらの河野氏のTwitterで見られます。
https://bit.ly/3aUn3un

メタバースだからこそであろう、
人間関係における距離の近さは
政治家と国民との新たな
コミュニケーションのかたちとして、
興味深く拝見しました。

コロナ禍の中、
人と直接会わずに行う
コミュニケーション方法として
台頭してきたのがオンラインでした。

私も
オンラインコミュニケーションの研究を進め、
書籍「オンラインでの『伝え方』
ココが違います!」(2021年 すばる舎刊)

にもまとめましたが、
時代は一気にメタバース。

Facebook社が社名を2021年10月に
「Meta」に変えたことも話題になりましたね。

今後、あなたのアバターのふるまいが、
あなた自身の評価をも左右する
ということも考えられます。

今年度、私の研究室でも
メタバースでのコミュニケーションに関する
研究に着手しました。

コミュニケーションがオンラインに
シフトしたとき同様、
皆さんに研究成果をお伝えできる日を
目指して頑張ります!

なにかメタバース関連の情報がある方が
いらっしゃったら
ぜひご連絡いただけると嬉しいです。

 

★時代が変わっても必要とされる
基本スキルを身につけましょう

『「人を動かす話し方」を身につけるための
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/3tYV5V5

 

*******************************************
あとがき
*******************************************

6月に入り、リアルでの講演依頼が
再び増えてまいりました。
東京だけでなく名古屋、大阪などでの
講演もあり、出張も復活。

コロナ前と違うことは、
リアル会場での参加だけでなく、
オンライン参加者も受付けるいわゆる
「ハイブリッド型」をとる
主催者が多いということ。

ハイブリッド型にすることで、
参加者数は対面だけの時代より
増えているそうです。

こうしたオンラインシフトの良いところを
積極的に取り入れ
より良い状態に進化していきたいものですね。

また講演などで
全国のみなさんに
(オンラインであれば世界中の方々に)
お会いできるのを楽しみにしています。

 

「人を動かす」「思いを伝える」
話し方のスキルを動画で学べます
『「人を動かす話し方
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/3tYV5V5


2022年6月15日


新年度対策!「自己紹介」に対する苦手意識を克服するための3つの方法

今月から新年度。
入社、入学、部署異動など、
環境が変わった
という方もいらっしゃるでしょう。

そして、この時期多いのが
自己紹介も兼ねた挨拶ですね。

先日、
SBSのラジオ番組『IPPO』
(月~金曜7時~9時オンエア)
にお声かけいただき、
自己紹介のコツについてお伝えしました。


出典:http://www.at-s.com/sbsradio/program/ippo/

自己紹介というと、
苦手意識を持っている人も少なくありません。
では、なぜ苦手なのか、
あなたは考えたことはありますか?

今回は番組でもご紹介した、
苦手を得意に変えるポイントをお伝えします。

*******************************************
自己紹介は最終目的ではない
*******************************************

「自己紹介をお願いします」と言われて
あなたはどんな話しをしますか?
多くの人は名前、出身地、趣味など
自分のプライベートな情報を
淡々と伝えるだけではないでしょうか。

私は、これを
「警察の取り調べ」と呼んでいます。

情報を羅列して、あとは
聞き手に判断してもらうという状態、
つまり受け身なのです。

自己紹介が不得意な人は、
“自分がどう思われるか?”を
自分でコントロールができていません。
コントロールできないから不安なのです。
だから苦手意識を持ってしまいます。

一方、自己紹介が得意な人は、
“自分はこう思われたい”というのが明確です。
「見られ方」を主体的にコントロールします。

忘れてはいけないのが、
自己紹介は最終目的ではないということ。

自己紹介は、
次のコミュニケーションにつなげるもの。

つまり、
「この人ともっと話をしてみたい」
「この人に仕事を任せてみたい」など、
次の機会を生み出すために自己紹介をするのです。

そのために大切なのが、
自己紹介に対する事前準備です。

では、「見られ方」を主体的にコントロールし
自己紹介で成功するために、
実際にどんな準備をすればいいのでしょう。

それには、以下の3つの方法があります。

———————————————
1.自分にキャッチフレーズをつける
———————————————

印象とは
相手に「〇〇さんはこういう人」と
ファイリングしてもらうことです。

ですから、
キャッチフレーズをつけるというのが
最もストレートな方法です。

前々回のブログでご紹介した、
日本ハムの新庄剛志監督が就任会見時に
「ビッグボスと呼んで」と言ったのも、
一種のキャッチフレーズですね。

出典:hhttps://www.fighters.co.jp/news/detail/00003636.html


——————————————–
2.相手へのメリットにかえる
——————————————–

「会社周辺のおいしいランチの
お店は網羅しています」

「エクセルが得意で、丁寧さが売りです」

など、自分が相手に与えられるメリットは何か
という観点から考えます。

この「相手へのメリット」について
自分では言いづらいなというときに使えるのが
次の方法です。

——————————————–
3.第三者の評価を使う
——————————————–

謙虚が美徳とされることも多い日本社会。
自分で自分をアピールするのは
ハードルが高いと感じる人もいるでしょう。

そんなときは、
「他の人が自分についてこう言っている」
としてアピールすればいいのです。

「前の部署では、あなたのそのこまやかな準備が
ありがたいと言われていました」

「親からは、その笑顔がいいのよと言われます」

など、周囲から言われた言葉を借りれば
自分では言いづらい自分の長所も
言いやすいですよね。

自己紹介とは、「自分のCM」です。

CMは短い時間で視聴者の興味を引き、
「この商品を手に取ってみたい」
あるいは最近だと「検索してもっと知りたい」
など、次の行動へのフックとなるものですよね。

自己紹介を聞いた人との次の場面をイメージし、
どういう人と思われたいかを考えて
準備をしましょう。

それが、自己紹介へ苦手意識を払しょくして、
得意になれるコツです。

受け身の「警察の取り調べ」から、
見られ方の「主体的コントロール」へ。

ぜひお試しください。
そして、成功したときは
ぜひ教えていただけると嬉しいです。

★もっとこの人と話したいと思われるために
心理学に基づくアカデミックな
話し方のスキルを動画で学びましょう。

『ビジネスマンのための信頼を勝ち取る
コミュニケーションの法則』
https://bit.ly/36ZM4Te


******************************************
あとがき
******************************************

年度替わりに関連して、
この4月から別部署に異動するという
あるクライアントから、
以下のようなご報告をいただきました。

=====(ここから)

最終日に、あるスタッフからメールがきました。
「送別会での私のスピーチの内容に
とても共感した」と言ってくれました。

また、1年前、
そのスタッフが着任したときに開催した
歓迎会での私のスピーチと、
今回のスピーチに同じキーワードが
あったことにも気づいたとのこと。

以前矢野さんがおっしゃっていたように、
メッセージが首尾一貫するよう、
過去のスピーチ内容も思い出しながら
原稿を作ったので、
心のなかでガッツポーズをしていました!

=====(ここまで)

ご報告ありがとうございます!

これは送別会でのエピソードですが、
事前準備が功を奏した例ですね。
この方はきっと、
新しい部署での自己紹介も
うまくいくことでしょう。

「人を動かす」「思いを伝える」
話し方のスキルを動画で学べます
『「人を動かす話し方
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/38n4zRN


2022年4月7日