オバマ前大統領が8年間やり続けたスピーチテクニックとは?【前編】


先日、
いつもブログをご覧くださっている
Fさんから、ある質問をいただきました。
スピーチの名手と言われている
前米国大統領のバラク・オバマ氏が
行っていたスピーチテクニックについてです。

とても興味深い話題でしたので、
今回はFさんにご許可をいただき
皆様にもご紹介させていただきますね。

Fさんが今回疑問を持ったきっかけは、
こちらの記事です。
まずはこちらの記事をお読みください。

http://front-row.jp/_ct/17085557

いかがでしたか?

『夫人が告白
「オバマ前大統領は8年間同じスーツを
着ていたのに気づかれなかった」』
というこの記事。

オバマ前大統領が、
在任中、フォーマルな場に出る時は
いつも同じタキシードスーツを着ていたこと、
さらに、そのことに誰も気づかなかったことを
夫人のミシェル・オバマ氏が明かしています。


出典:http://www.huffingtonpost.jp/
(http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/08/barack-obama-tux_n_16996294.html)

この記事で、
彼女は、性別によって周囲に注目される点が
違うことに対する問題提起をしていますが、
今回Fさんは記事の内容ではなく、

「いつも同じ服を着続けることの効果」
という点で疑問を持ち、
こんな質問をしてくれました。

Q:
服装を変えないというのは、
矢野さんが言っている「非言語表現」
だと思うのですが、
気づかれなかったのであれば効果がないですよね?

A:
おっしゃるとおり、
服装を変えないというオバマ前大統領の作戦は
非言語表現の工夫です。

私は、これまで
『その話し方では軽すぎます!』などの拙著で
同じ服を着続ける重要性をお伝えしてきました。

その理由は、
「いつも同じ自分」を作ることで、
あなたという人物の印象が
相手の心にインプットされやすくなるからです。

ビジネスシーンにおいて、
自己演出とは他人のために行うもの。
洋服は自分のためだけに着るのではなく、
他人があなたという人間を認識するために
着るものなのです。

オバマ前大統領は、
非言語表現のスピーチテクニックとして
8年間同じタキシードを着続けたと言えるでしょう。

今回は
周囲に気づかれなかったということで、
果たして非言語表現としての効果はあったのか?
という問題です。

あなたはどう思いますか?

そもそも
なぜオバマ氏は
8年もの長い間同じタキシードを
着ていたにもかかわらず、
周囲の人に気づかれなかったのでしょうか。

ぜひその理由を考えてみてください。
答えは次回お伝えしますね。

思わず「さすが!」と唸った名刺交換時の一言


ビジネス現場で欠かせないのが名刺交換。
第一印象が大事とわかっているだけに、
初対面の相手にどんなふうに接すれば
信頼関係を築けるか、
気を遣いますよね。

先日、ある業界最大手の上場企業の
研修を担当させていただきました。
その研修担当の方との名刺交換で、
思わず「さすが!」と唸る
コミュニケーションに出会ったのでご紹介します。

名刺交換については、
アイコンタクトの取り方について
拙著
『「きちんとしている」と言われる
「話し方」の教科書』
の中で紹介しています。

簡単に説明すると、
名刺を渡すときに相手の目を見つづけることが
ポイントです。
名刺に目を落としがちですが、
しっかりと視線を合わせることで、
自分のやる気や熱意を相手に示すのです。


出典:「きちんとしている」と言われる「話し方」の教科書 P117

今回は
アイコンタクト(非言語表現)ではなく、
名刺交換のときの
印象的な一言(言語表現)についてです。

=====

今回、当日までの打ち合わせなども
別の担当の方と進めていたため、
研修担当のOさんとは全く初めての接触でした。

Oさんは私に名刺を差し出しながら
こうおっしゃったのです。

「やっと、お願いできました!」

実感のこもったその言い方が気になって
詳しく聞いてみると、
Oさんから何度か研修のご依頼を
いただいていたものの日程が合わず、
2年越しで調整してくださったらしいのです。

ゆえに先ほどの
「やっと、お願いできました!」
という言葉になったわけです。

そう言われた私はありがたく思うとともに、
「ご期待に応えなければ!」と、
いつも以上に身が引き締まりました。

このOさんの一言は、
NHK式」第7のルール
「独り言から入る」を使ったテクニックです。

拙著
『NHK式+心理学
一分で一生の信頼を勝ち取る法』
で紹介した「NHK式7つのルール」の中の一つです。

どういうことかというと、
例えば
テレビの情報番組で
パン工場から中継する場合。

場所の説明から入るのではなく、
「甘いおいしそうな香りがしています」
といったように、
リポーター自らが現場でキャッチした情報から
話し始めるのです。

これが「独り言から入る」テクニックです。
自分がその場で感じた気持ちを
「独り言」としてつぶやくことで、
ありきたりでない
相手の興味を引く一言となるのです。

皆さんは名刺交換のとき
どんな一言から入りますか。

よくあるのは
住所や名前など、
名刺に書かれていることから共通項を探して
コミュニケーションをとる方法ですね。

時には、このような
相手の興味を引く「独り言」を
使ってみてはいかがでしょうか。

「独り言」+「相手の目を見つづける」

で、言語表現と非言語表現両方を取り入れた
最強の名刺交換になることでしょう。
お試しください。