トレーニングの効果を高めるダメ出しのコツ

気象庁によると
東日本、九州南部は
すでに梅雨入りしたとみられるとのこと。

じめじめした梅雨の時期は、
心身ともに不調になりがちですね。

実は私も右肘の痛みが
1カ月ほど続いていました。
治る気配がないので、
先日ようやく病院に行ったところ、
「テニス肘」と診断されました。

「テニスはしてないのに…」と思っていたら、
「テニスをしない中年の
 使い過ぎによるテニス肘」
と診断され、資料をいただきました。

なんだかいろいろとひっかかる言い方…
(~ _~ ;)(笑)

ですが、その病院で
スピーチがより上達するトレーニング方法の
大きなヒントをいただきましたので
シェアしますね。

***********************************
間違った行動をした瞬間に指摘する
***********************************

「テニス肘」は通称で、
正式には「上腕骨外側上顆炎」
(じょうわんこつがいそくじょうかえん)
というのだそう。

上腕骨外側上顆炎の資料

どうやら出張のたびに
衣装や資料の入った
重いスーツケースを
右手でゴロゴロ引っ張りながら
移動していたのが原因のようです。

病院で治療が終わり帰ろうと、
スマートフォンと待合で読んでいた文庫本を
掴んで立ち上がった瞬間でした。

「その持ち方がだめ!!!」
女性看護師の鋭い声が飛んできたのです。

大きな声にびくっとして振り向くと、
治療をしてくれた看護師さんが
私の指を指さしていました。

彼女によると、
スマホや本などを掴むときの親指の角度が
テニス肘になる原因らしく、
その場で正しい指の角度を教えてくれました。

私としては
そのような指の使い方をしていた自覚が
全くなかったので、
それが痛みの原因と指摘されて
びっくりしました。

それから指の角度を意識するようになり
おかげさまで痛みも和らいできました。

それにしても看護師さんの
矢のように刺さる言い方の怖いこと(笑)

しかし、この看護師さんの言い方は
心理学の学習理論では
正しいトレーニング法なんです。
つまり、間違った行動をした瞬間に
すぐにその場で指摘して
自覚させるということです。

後から
「あのときのあの持ち方が
 肘を痛める原因ですよ」などと言われても、
無自覚でやっている持ち方ですから
なかなか治りません。

間違った行動をしたその瞬間に
「いまのそれ!」と
指摘されて修正するのが一番効果がある
と実験結果が多数報告されています。

実は、私もスピーチトレーニング中に
クライアントさんに言われたことがあります。

「スピーチをしている最中に
 『だめ!』『違う!』と
 矢野さんの声が飛んできてびくっとした」
看護師さんの件で
その気持ちがよく分かりました。

しかし、スピーチも同じで
「あのときのあのジャスチャーが
 話すときの悪い癖ですよ」
と後から言われても治らないのです。

スピーチがうまくなるには
その場で専門家に
ダメ出しをしてもらえる状態で
トレーニングすることが大事。

というわけで
『だめ!』『違う!』と指摘して
びくっとさせても
スピーチ上達のため、と
ご容赦くださいね(笑)


★信頼を勝ち取る
コミュニケーション法をマスターしましょう。
『ビジネスマンのための信頼を勝ち取る
 コミュニケーションの法則』
https://bit.ly/2ZwHHFM

2019年6月21日


自己紹介で〇〇タイプを伝えよう

先月、
ラジオ番組『simple style -オヒルノオト-』
に出演させていただきました。

毎週月曜日から金曜日
11時30分~12時55分、
全国23のFM局で放送されている番組です。
http://www.jfn.jp/RadioShows/oto

パーソナリティーはモデルの渡辺枝里子さん。
さすがはモデル!
お顔が小さくてスタイルもよく、
とても綺麗でした♪
事前の打ち合わせも自らスタジオから出てきて
丁寧に対応してくださるなど、
人柄も素晴らしい方でした。

拙著『大人の伝え方ノート
一言で「人間関係」はガラッと変わる!』

大人の伝え方ノート表紙

をお読みいただいたという
渡辺さんのナビゲートのおかげで、
番組では楽しくお話しさせていただきました。

リスナーの皆様からいただく
メッセージテーマが
「自己紹介」だったこともあり、
番組内で、印象に残る自己紹介の仕方について
質問をいただきました。

自己紹介は初対面の人と人間関係を築くための
第一関門であり、
苦手意識を持つ人も多いかもしれません。

しかし、
ビジネスシーンで自己紹介をする機会は
意外と多いもの。
苦手と避けてばかりではいられません。

そこで今回は
印象に残る自己紹介をするための
ヒントをお伝えします。

***********************************
「ステレオタイプ」を利用する
***********************************

自己紹介でただ名前を言うだけでは
相手の印象には残りません。
初対面の人に
あなたという人物をどう印象付けるのか。
そこを考えるのが大人の伝え方です。

心理学の用語で
初頭効果」というものがあります。
先に提示される情報の方が、人の印象に
大きな影響を与えるという理論です。

つまり、
自己紹介で最初に示されたあなたの情報は、
その後の印象も左右するのです。

番組にメッセージを寄せてくださった
あるリスナーの方は、自己紹介のときに
3月3日のひな祭りが誕生日
ということを話すそうです。

これは、
まさに「ステレオタイプ」を活用した
巧みな自己紹介です。

「ステレオタイプ」とは、
ある集団に属している人に対する
思い込みです。

たとえば、大阪出身と聞くと
きっとこの人はお笑い好きなんだろうな
と思いませんか。

このリスナーの方の場合、
ひな祭りから連想して
「柔和で優しい人」「女性的」
というイメージを聞き手は抱くでしょう。
(リスナーご本人が男性であっても
女性であっても、です。)

このステレオタイプを上手に使えば、
短い言葉であなたの人となりを
印象付けることができるのです。

上に挙げた出身地のほか、
職業や学生時代の部活など
いろんなステレオタイプがあります。

あなたの情報の中で
うまく自己紹介に使えそうな
ステレオタイプは何ですか?
ぜひ考えてみてくださいね。

★心理学に基づくアカデミックな
話し方のスキルを学びましょう。
繰り返し見ることで、学びが定着します。
https://bit.ly/2RgJax0


2019年6月17日