【番組出演情報】NHK「好感をもたれるコミュニケーションのコツ」

11月2日(金)NHK総合の
「ほっとニュース北海道」で、
インタビューをしていただき
北海道内で放送されました。

テーマは
「好感をもたれるコミュニケーションのコツ」

ちょうど放送される時間は、
私は羽田に向かう飛行機の中でしたので
残念ながら生では見られなかったのですが、
Facebookなどでは
北海道在住の方々から
「見ましたよ」「わかりやすかった」など
コメントをいただきました。

ご覧いただいた皆様ありがとうございます。

「札幌に行きますよ」というお知らせを
メルマガでさせていただいたところ、
かつてのNHKの同僚で
現在は札幌放送局に勤務する方々からも
ご連絡をいただいたのです。

「ほっとニュース北海道」は、
地域に密着した情報を伝えるニュース番組で、
月~金曜の午後6時10分から
北海道内で放送中です。

  https://www.nhk.or.jp/sapporo/program/c32/

この番組でメインキャスターを務め、
今回インタビューをしてくれた瀬田宙大アナ。

月~金曜の朝8時15分から放送されている
「あさイチ」でリポーターを務めていた
人気アナウンサーですから、
ご存知の方も多いことでしょう。

春から札幌に転勤し
現在は「北海道の顔」として活躍しています。
https://www.nhk.or.jp/sapporo/caster/t_seta/

今回のインタビュー内で瀬田アナが
私から「放送のいろはを教わった」と
コメントしてくれていました。
実は彼が新人のときにNHK長崎放送局で
一緒に働いていたのです

まさか12年後に
インタビュアーとゲストというかたちで
一緒に仕事をすることになんて、
当時は思いもしませんでした。

テレビ塔前で瀬田アナと

そして、今回のインタビューそのものを
企画してくださったチーフプロデューサーとは
福岡放送局で一緒でした。
全国、全世界に転勤するNHKならではの
嬉しいサプライズでした。

屋根や外壁のお色直しを終えたばかりの
国の重要文化財「札幌市時計台」の前で
Tプロデューサーと

人のご縁って面白いですね。
皆さんの中にも転勤がある組織で
お仕事していらっしゃる方は
同じような経験をなさったことが
あるかもしれませんね。

今回のインタビューの模様は
NHKのサイトで公開されています。
https://www.nhk.or.jp/sapporo-news/20181102/0005362.html

11月8日(木)までの期間限定です。
興味のある方はぜひご覧ください。

 

★「何を語るか」の言語表現テクニック。
 「どう語るか」の非言語表現テクニック。
 この2つに意図を持つことで
 人を動かす話し方となる。
 そんな「NHK式」話し方を公開。

『「人を動かす話し方」を身につけるための
教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/2JEqeo1

2018年11月5日


【後編】会話をスムーズに続けるコツ

前回、
「会話をスムーズに続けるコツ」の前編として
相手に興味を持ち、事前準備をすること、
また、
その際の注意点についてお伝えしました。

こちらをご覧になった
建設会社にお勤めのSさんから
感想をいただきました。
ご本人から許可をいただきましたので、
ご紹介します。

====(ここから)

「相手に興味を持つ」
学生の頃、予習についていろいろと
学校の先生に言われましたが、
社会人になってから、全てのことに
段取りの大切さを痛感しています。

工事現場では
「段取り8割」とよく言いますが、
今回の矢野さんのお話で
どこの業界も同じであることがわかりました。

=====(ここまで)

「段取り8割」。まさにそのとおりですね。
メールありがとうございました。

今回は、前回に引き続き
会話をスムーズに続けるための
もう1つのコツをお伝えします。

**********************************
質問を使い分ける
**********************************

会話をスムーズに続けるための
もう1つのコツは、
クローズドクエスチョンと
オープンクエスチョンを使い分けること

クローズドクエスチョンとは、
YESかNOかなど、回答が限定される質問です。

オープンクエスチョンとは、
自由に回答できる質問です。

たとえば
「チョコレートは好きですか」
という質問はクローズドクエスチョンで、
「お菓子の中では何が好きですか」
という質問はオープンクエスチョンです。

クローズドクエスチョンは、
すぐに答えられるため、
会話の出だしに使うと
テンポよく話を進めることができます。

拙著
『NHK式+心理学
一分で一生の信頼を勝ち取る法』


https://www.amazon.co.jp/gp/product/4478027803
でも、クローズドクエスチョンを使い、
講演会の最初の一分間で
聴衆との距離を縮めるテクニックを
紹介しています。

クローズドクエスチョンを続けて、
慣れてきたところで
オープンクエスチョンを混ぜていくと、
相手が思っていること、伝えたいことを
うまく引き出すことができます。

これから年末にかけて、
飲み会や大勢での会食が増える時期です。
こうしたシーンで
相手にどう気持ちよく話していただき、
場を盛り上げるか?

まずは前回ご紹介した
「相手に興味を持ち、事前準備をすること」と
今回ご紹介した「クローズドクエスチョン・
オープンクエスチョン」の
2つのスキルを使って、
そこから練習するのもおススメです。

この場合、事前準備として活用できるのが
相手のブログやSNSです。
今何に興味を持っていらっしゃるのか、
あらかじめチェックしておくといいでしょう。
ぜひ試してみてくださいね。

★人を動かす話し方(スピーチ)を
自宅でマスターしませんか?

矢野香のセミナー&講演を収録した映像を
ダウンロード販売中。
https://bit.ly/2JEqeo1

2018年11月5日