思わず「さすが!」と唸った名刺交換時の一言


ビジネス現場で欠かせないのが名刺交換。
第一印象が大事とわかっているだけに、
初対面の相手にどんなふうに接すれば
信頼関係を築けるか、
気を遣いますよね。

先日、ある業界最大手の上場企業の
研修を担当させていただきました。
その研修担当の方との名刺交換で、
思わず「さすが!」と唸る
コミュニケーションに出会ったのでご紹介します。

名刺交換については、
アイコンタクトの取り方について
拙著
『「きちんとしている」と言われる
「話し方」の教科書』
の中で紹介しています。

簡単に説明すると、
名刺を渡すときに相手の目を見つづけることが
ポイントです。
名刺に目を落としがちですが、
しっかりと視線を合わせることで、
自分のやる気や熱意を相手に示すのです。


出典:「きちんとしている」と言われる「話し方」の教科書 P117

今回は
アイコンタクト(非言語表現)ではなく、
名刺交換のときの
印象的な一言(言語表現)についてです。

=====

今回、当日までの打ち合わせなども
別の担当の方と進めていたため、
研修担当のOさんとは全く初めての接触でした。

Oさんは私に名刺を差し出しながら
こうおっしゃったのです。

「やっと、お願いできました!」

実感のこもったその言い方が気になって
詳しく聞いてみると、
Oさんから何度か研修のご依頼を
いただいていたものの日程が合わず、
2年越しで調整してくださったらしいのです。

ゆえに先ほどの
「やっと、お願いできました!」
という言葉になったわけです。

そう言われた私はありがたく思うとともに、
「ご期待に応えなければ!」と、
いつも以上に身が引き締まりました。

このOさんの一言は、
NHK式」第7のルール
「独り言から入る」を使ったテクニックです。

拙著
『NHK式+心理学
一分で一生の信頼を勝ち取る法』
で紹介した「NHK式7つのルール」の中の一つです。

どういうことかというと、
例えば
テレビの情報番組で
パン工場から中継する場合。

場所の説明から入るのではなく、
「甘いおいしそうな香りがしています」
といったように、
リポーター自らが現場でキャッチした情報から
話し始めるのです。

これが「独り言から入る」テクニックです。
自分がその場で感じた気持ちを
「独り言」としてつぶやくことで、
ありきたりでない
相手の興味を引く一言となるのです。

皆さんは名刺交換のとき
どんな一言から入りますか。

よくあるのは
住所や名前など、
名刺に書かれていることから共通項を探して
コミュニケーションをとる方法ですね。

時には、このような
相手の興味を引く「独り言」を
使ってみてはいかがでしょうか。

「独り言」+「相手の目を見つづける」

で、言語表現と非言語表現両方を取り入れた
最強の名刺交換になることでしょう。
お試しください。

「この人と話してみたい」と思ってもらえる話し方


私事ですが、大のチョコレート好きです。
ありがたいことに、
クライアントの方々や読者の方々から
チョコレートをいただくことがあります。

最近、変わり種のチョコレートを
立て続けにいただきました。

ひとつは、東京のあるショコラティエ
(チョコレート専門店)の
東京店限定のチョコレート。

何が限定かというと、
皇居周辺の「そめいよしの」と「きんかん」から
養蜂家が採取した貴重な蜂蜜を使っているとのこと。



食べるとトロリと蜂蜜が出てきました。
蜂蜜の成分が身体にもよいという
一石二鳥のチョコレートです。

もうひとつは、
沖縄に去年オープンして人気が出ているという
お店のチョコレート。
沖縄の方からいただきました。

こちらは、
沖縄のさとうきびを使っているのが特徴です。
いただいたものは
多良間島産純黒糖と島ザラメを使っているとのことで、
ジャリっとしたザラメの食感が新鮮でした。

これらのチョコレートをくださった方は、

「皇居周辺の蜂蜜が入っている東京店限定の
チョコレートです」
「沖縄でいま人気のさとうきびを使った
チョコレートです」

と、渡すときに
その特徴を述べてくださいました。

こういう一言があると、
チョコレート好きの自分のために
わざわざ選んでくれたんだろうなと嬉しくなり、
よりおいしく味わうことができました。

チョコレートを食べながら
ふと考えました。
チョコレートを渡すときのこうした一言は、
人間も同じだなぁ、と。

パーティなどで初めての方に会ったとき。
あなたは
ホストからどういう紹介をされるでしょうか?

たとえば
「弁護士をなさっているAさんです」
だとしたら、
さしずめ
「本場ベルギーのチョコレートです」
という肩書・属性だけの紹介でしょう。

「〇〇にお勤めのBさんです」
だとしたら
「GODIVA(ゴディバ)のチョコレートです」
というショップやブランド名だけの紹介でしょう。

これらの残念な点は、
同じ紹介をされる人(チョコレート)が
他にもたくさんいる(ある)ということです。

それよりも
「皇居周辺の蜂蜜が入っている東京店限定の
チョコレート」
「沖縄でいま人気のさとうきびを使った
チョコレート」
といった紹介の方が
「ぜひ食べてみたい」という興味を引きますよね。

あなたは
「ぜひ話してみたい」と
相手の興味を引くような一言で
自分の特徴を紹介してもらえるでしょうか?

それが、
その後のコミュニケーションを決定づける
と言っても過言ではありません。

肩書や属性だけの紹介なら、
同じような人はごまんといます。
それでは
相手に自分を印象付けられません。

もちろん、
ある日突然
他人が自分の特徴を捉え
一言で表現してくれるようになるはずはありません。

まずは自分から、
「自分はこういう人物だ」と
発信していかなければなりません。

自分を一言で説明したら何だろうか?

それは、
相手に興味を持っていただける特徴なのか?

さらに、
その特徴にふさわしいのはどんな話し方か?

これらについて考えることは、
「また会いたい」
「もっとゆっくり話をしたい」
と興味をもってもらえる存在になるための
第一歩になることでしょう。