結婚式スピーチを甘く見てはいけない理由(新郎&親族編)

2月も半ばを過ぎました。
春の訪れが待ち遠しくなる季節ですね。

前々回のブログで、
結婚式スピーチを甘く見てはいけない
という話をお伝えしました。

特に、
主賓として挨拶をすることが多い
経営者にとって、
結婚式スピーチは
社外からの評判をあげるチャンス
社員からの信頼を高めるチャンス
そしてリクルートのチャンス。

そのチャンスを活かすポイントを
ご紹介いたしました。

そのブログをご覧になった方から
質問をいただきましたので
今回は、その質問にお答えします。

 

***********************************
スピーチの真の目的を考える
***********************************

寄せられた質問はこんな内容。

「祝辞の重要性を聞いてなるほどと
 思いました。
 実は来年、息子が結婚します。
 新郎スピーチや新郎の父スピーチの場合は
 どうですか?ポイントは同じですか?」

ご質問ありがとうございます。
そして、
息子さんのご結婚おめでとうございます!

新郎スピーチや
新郎の父が行う親族代表のスピーチ。
どちらのケースも
経営者の祝辞同様にもちろん大事です。

これまでにスピーチコンサルで
新郎スピーチをトレーニングした
クライアントには、
こんな方々がいらっしゃいました。

・新郎は初婚。新婦が再婚で子連れという
 カップルの新郎スピーチ。

・新郎が新婦の22歳年下という
 カップルの新郎スピーチ。

・新郎が日本人、新婦が外国籍という
 カップルの新郎スピーチ。

一方、親族代表スピーチをトレーニングした
クライアントはこんなケースでした。

・息子の結婚に新郎母が反対しているケース。

・新郎の父が亡くなっていて
 叔父が代理のスピーチをするというケース。

つまり、これまでトレーニングをした方々は
いわゆる「ちょっと訳あり」な場合でした。

前々回のブログで、
結婚式スピーチの「目的」を
よく考えることが大事だとお伝えしました。

まず目的を明確にしてから戦略を立て、
ポイントをトレーニングする。
それが、スピーチがうまくいくコツです。

経営者の場合、
目的は社内外の評判と信頼を高めることです。

では、
新郎や親族代表のスピーチの目的は
なんでしょうか。

それは応援者をつくることです。
「ちょっと訳あり」なら、なおさらです。

一例として、
新郎が初婚で新婦が再婚。
新婦には小学生のお子さんが
いらっしゃるという
Kさんのケースについて書きましょう。
(ご本人からご許可をいただきました)

今回のケースでは、
新郎Kさんがスピーチを行う真の目的は

・心配している新郎新婦の親族を
 安心させること。

・多感な時期である再婚相手のお子さんも喜ぶ
 スピーチをすること。

・結婚式後、
 家族として仲良く楽しい毎日が送れるような
 関係を築くこと。

この3つです。

Kさんは、結婚式の6カ月も前から
スピーチトレーニングを開始。
原稿の推敲を何度も重ねました。

Kさんは東京ではなく地方在住のため、
スカイプを使ったトレーニングを
何度も行いました。

あるときは、
マイクを使って声が出せるようにと
一人でカラオケボックスから
スカイプをつないで
トレーニングなさいました。

そのご本人の真剣な姿に、
私も応援モード全開で
ご指導させていただきました!

そして結婚時当日。

式の最後を締めくくる新郎スピーチのあと
「感動した!」
「心からおめでとう」
「立派な式だった」
「安心できた」
という祝福の声が続々と上がったのです。

実は
結婚式前は、
新婦の親族や新郎の友人の中に
「子どもとはうまくやれるのか」などといった
不安を口にする人もいたそうです。

しかし、
当日の新郎スピーチで周囲の評価は一変。

「あなたのファンになった」
とまで言う参列者や、
号泣した友人もいらっしゃったそうです。

そして、新婦のお父様からは、式の後に
「子どものことを考え
 盛り立てくれてありがとう」
と言われたそうです。

こういうご報告を伺うときが、
スピーチコンサルという立場で
皆様とお仕事をさせていただくことに
幸せと誇りを感じる瞬間です。

結婚式というスタートで
スピーチを武器に成功したKさん。
結婚式後こうおっしゃっていました。

「人生の大事な場面には、
 自分の意志を表明する場、
 つまりスピーチをするチャンスが
 与えられているものなのですね」。

人生の大事な場面は人それぞれです。
今回のような結婚式。
会議でのプレゼン。
お客様との商談……などなど。

どのような場面であっても
大事な場面で
人生を切り拓く武器となるのが
スピーチなのです。

人前で伝えるすべての人に
スピーチという武器を有効に使ってほしい。
そう願っています。

 

★スピーチであなたのファンを増やすには

矢野香のセミナー&講演を収録した映像を
ダウンロード販売中。
https://authenty.buyshop.jp/

 

************************************
あとがき
************************************

「バエッテタ、バエッテタ」

先日、大学で私が担当している
「マスメディア」をテーマにした
講義でのことです。

ディスカッション中、
教室の中を回りながら
学生同士の会話を聞いていたところ、
聞きなれない単語が
耳に飛び込んで来ました。

「バエッテタ、バエッテタ」

ヒトは耳から入った音を
文字に変換して意味を捉え
コミュニケーションするものですが、
この聞きなれない音の文字変換が
私にはすぐにはできず、
脳が一瞬フリーズ(゚-゚;)

そもそも
この音は漢字なのか?
ひらがななのか?

女子学生が笑顔で口にしたセリフなので
ポジティブな意味ではあるのだろう
と思いつつ……。

数秒後。
前後の話の流れから

漢字変換を理解しました。

あ~、そういうことか!

言葉は生き物だなぁ、とつくづく思います。
こうした若者の言葉の乱れを
嘆く声もあるけれど、
新しい言葉を生み出していくという
若者の言葉のセンスである、
ともいえますよね。

え?
「バエッテタ、バエッテタ」
はどんな意味かって?
気になった方は「ばえる」で
調べてみてください(笑)。

 

★信頼を勝ち取り
ビジネスに活かす話し方を身につけるために
矢野香のセミナー&講演を収録した映像を
ダウンロード販売中。
https://authenty.buyshop.jp/


バレンタインデーを自己表現を磨くチャンスにするコツ

目移りしそうなほどたくさんのチョコレートが
店頭に並ぶ季節になりました。
2月14日はバレンタインデー。

日本でバレンタインデーが始まった
時期は諸説ありますが、
チョコレートメーカーによる
キャンペーンが次第に広がり、
1970年代には
女性から男性へチョコレートを贈るという
日本独自の行事として定着したようです。

ところが、
今はバレンタインの楽しみ方も
さまざまになってきていますね。

男女問わずお世話になった方に贈ったり、
この時期限定のチョコレートを
自分で買って味わったり。

今回は、そんなバレンタインを
自己表現を磨く好機にしてしまう
コツについてお伝えします。

 

************************************
自己表現は贈り物
************************************

前回のブログでも書いてしまいましたが、
私はチョコレートが大好きです。

ありがたいことにいただく機会も多く、
「どんなチョコレートをくださるか
というのは、その贈り主の自己表現だな」と
いただくたびに思います。

私の名前である「香」という文字が
名前の一部に使われている
和風のチョコレート菓子をくださった方。

かつて私が衣装としていた
青色と白色をつかった
オリジナルパッケージのチョコレートを
オーダーして贈ってくださった方。

矢野の”y”をデザインしてくださいました

私がある覚悟を決めたときに、
その志を応援する気持ちを込めて、
深紅の大きなハートのひと粒チョコレートを
くださった方。

贈ってくださった方の、
そのチョコレートを選んでくださったときの
気持ちを想像すると、
とても嬉しくなります。

そして、先日は
アメリカ帰りの方から
お土産にチョコレートをいただきました。

「チョコレートに関して
 目と舌が肥えている矢野さんには、
 空港には置いてないお土産を」
という言葉の贈り物付き。

さて、
木でできた小箱を開けてみると、
綺麗にならんだ茶色のチョコレートの中に
なにやらピンクと黄色の紐が見えます。

なんだろう?と、その紐を
引っ張ってみると…

「わっ!ネズミ?」

そうです。
紐の先にネズミを象ったチョコレートが
くっついていたのです。

これは初めて拝見しました。
思わず「わっ」と叫んでしまい、
びっくり箱をいただいたような気分。
いたずらっぽく笑う
贈り主の顔が浮かびました。

やはり贈り物は自己表現バトルですね。

「プレゼンはプレゼント。」

これは私が大学で担当している
プレゼンテーション論の
講義で必ず学生に伝えること。

プレゼンテーションをするときは、
プレゼント=贈り物だと思って
見ている人、聞いている人の立場にたって
分かりやすく伝えよう、
という意味です。

これはもちろんその逆も成り立ちます。

「プレゼントはプレゼンテーション。」

つまり、
どんな贈り物(プレゼント)を贈るかは
あなたという贈り主についての
プレゼンなのです。

さて、いよいよ
バレンタインデー。
あなたは誰にどんなチョコレートを贈り、
ご自分をプレゼンしますか?

相手がどんなチョコレートが好きか?
どんなものを喜ぶか?
その視点が大事なのはもちろんですが、

「自分を伝える」という視点も
今年のバレンタインデーには
追加してみてくださいね。

 

★「何を語るか」の言語表現テクニック。
「どのように語るか」の非言語表現テクニック。
この2つに意図を持つことで
人を動かす話し方となる。

『「人を動かす話し方」を身につけるための
教材専門オンラインSHOP』
https://authenty.buyshop.jp/

 

************************************
あとがき
************************************

「寒いですね~」
「冷たいですね~」
気温が低い日がこうも続くと、
顔を合わせた方と
そんな挨拶を交わしていませんか?

天気の話は、アイスブレイクができる。

共通項を見つけると、
共感を得ることができる。

五感に関する言葉を使うと、
相手の心が動きやすい。

確かにどれも正解。
しかし、それ以前の問題が
これらの挨拶には含まれているのに
お気づきですか?

このような私の問いかけについて
今熱い討論が繰り広げられています。

場所は私のFBコミュニティ。

スピーチやコミュニケーションについて
みんなで学ぶ会員制のコミュニティです。

今の季節つい口にしそうな
これらの言葉について、
参加してくださっている方々と
みんなで考えています。

あなたはこのことについてどう考えますか?

会員の方からは、
この言葉のそもそもの意味合いに
注目した意見、
会話を続けるという視点からの意見、
こう言われた時の相手の感情を
想像した意見など、
「なるほど!」と私もうなる考察が
述べられています。

私からは
NHKで番組の冒頭挨拶原稿を考えるときに
言われていた三原則をご紹介しました。

挨拶はこうでなければならない。
という唯一無二の絶対的な答えがないのが
自己表現の面白いところであり、
かつ難しいところです。

ちょっとした挨拶について
大の大人が真剣に討論できるというこの場は
とても貴重だと私は思うのです。

★信頼を勝ち取りビジネスに活かせる
「NHK式」の話し方を身につけるために。

矢野香のセミナー&講演を収録した映像を
ダウンロード販売中。
https://authenty.buyshop.jp/