自分のスピーチに自信を持つ方法

前回ご紹介した
スピーチの準備にワクワクしているという
クライアントのYさん。
ある方法を使い、
本番も大成功だったそうです。

それは、
拙著でご紹介したことがある方法です。

これまで拙著で、
信頼を得るための話し方やスピーチの
メソッドをいろいろとお伝えしてきましたが、
どんなスピーチのときにどんな方法を
用いればいいのか自信を持てない
という方もいらっしゃるようです。

今回はそうした方へのヒントをお伝えします。

************************************
スピーチのつかみに使える
I→YOU→WE法
************************************

ご本人から許可をいただきましたので、
まずはYさんのメールをご紹介します。

====(ここから)

I→YOU→WE法、
うまくできないなと思っていましたが、
このようにやればよいのですね!

他に指導をいただいたところも、
なるほど、こう言えばよいのかと、
納得することしきりです。

矢野さんの書籍で読んでいたものの、
実践まで至っていませんでした。

実際のスピーチのために
個別に教えていただくと、
矢野さんが本で書いていらした方法の効果を
実感できます。
やはりプロの個別指導が一番!

=====(ここまで)

Yさん、メールありがとうございます。

Yさんが今回使って効果を感じたのは
「I→YOU→WE法」です。

拙著『一分で一生の信頼を勝ち取る法』
ご紹介しました。

話をI(私)から始め、
YOU(あなた)、そしてWE(私たち)へと
徐々に広げていくことで、
聞き手を巻き込んでいく方法です。

この方法のポイントは、
キーパーソンとなる「YOU」の見つけ方と
質問の仕方です。
詳細は拙著をご覧ください。

今回は、
Yさんがスピーチする場の主旨や
聞き手の属性をお聞きし、
この場合は「I→YOU→WE法」を使うと
場が盛り上がると考えました。

そこで、誰を「YOU」にするのか、
質問の言葉の例などを
具体的にアドバイスさせていただきました。

スピーチが終わったあとにいただいた
Yさんからの報告によると、
事前に何人か目星をつけておき、
その中で一番話しかけやすい場所に座った方を
「YOU」役に見立ててスピーチしたところ、
会は大いに盛り上がったそうです。

「I→YOU→WE法」は、
聞き手との距離を縮め、
和やかな雰囲気をつくるのに適した方法です。
ぜひ使ってみてくださいね。

その際、
Yさんのようにシミュレーションをして
何人かに目星をつけておくといいですよ。

万全の準備を整え自信を持って
スピーチの場に立つことが
成功への近道です。

★「何を語るか」の言語表現テクニック。
 「どう語るか」の非言語表現テクニック。
 この2つに意図を持つことで
 人を動かす話し方となる。
 そんな「NHK式」話し方を公開。
https://bit.ly/2TL2WFz

************************************
あとがき
************************************

前回のあとがき
コンタクトレンズをしていても使える
花粉症点眼薬の情報をお伝えしました。

さらに、知り合いの眼科の先生から
正しい目薬のさし方を教えていただきました。

先生によると、
目薬をさしたあと目をパチパチとするのは
NGなんだそうです。
私は薬を行き渡らせるようと
パチパチしていました。

正しい方法は、目薬をさしたら
目頭を押さえながら、目を1分ほど閉じる。

実験でも有意差がでているそうです。
こちらも実際にやってみたら
効きめが確かに違いました。
花粉症で苦しんでいる方はお試しください!

★信頼を勝ち取る
コミュニケーション法をマスターしましょう。
『ビジネスマンのための信頼を勝ち取る
 コミュニケーションの法則』
https://bit.ly/2U288nC

2019年3月20日




スピーチが楽しみになる好循環を生むには

3月になり、春めいてきましたね。
3月から4月は
さまざまな式典や行事が開催される時期。

スピーチをする機会も多くなります。
もしスピーチや挨拶を依頼されたら、
あなたはまず何を思いますか?

「困ったな」「やりたくないな」
でしょうか。
「お願いされて嬉しい!」「頑張るぞ!」
でしょうか。

今回は、スピーチに対して前向きになれる
方法をお伝えします。

****************************************
成功体験が自信を生む
****************************************

「いろいろスピーチ内容を考えていると、
 当日が楽しみになってきますね。
 こんなふうに感じたのは初めてです」

スピーチのコンサルティングをしている
クライアントYさんから
こんなメールをいただきました。

スピーチの準備をしていると
スピーチに対して
楽しみになってくる人と、
ますます気が重くなる人がいます。

どちらがいいスピーチ、つまり
聞き手に伝わるスピーチをできるでしょうか。
答えはもちろん前者です。

当日スピーチをしているときの
自分や聞き手の様子や、
いろいろなイメージが膨らんで、
気持ちがポジティブになるか、
ネガティブになるか。

何がこの違いを生むのでしょうか。

それは、成功体験があるかないかです。

一度でも成功体験を得ることで、
スピーチに対してポジティブなイメージを
持つことができます。

反対に
一度でも失敗体験をしてしまうと、
スピーチに対してネガティブな
イメージが出てしまいます。

「あのときみたいに、また頭が真っ白になって
 話すことを忘れたらどうしよう」
「あのときみたいに、
 また緊張して声が震えたらどうしよう」
いわゆる心的外傷・トラウマです。

ですから
一度でもいいから成功体験を持つことが
とても重要になるのです。

一度でもいいから
時間をかけてスピーチに対する準備をすれば、
伝わった、という実感をもった
スピーチをすることができる。

そうすると、スピーチに対して
ポジティブなイメージを持つことができ、
その後のスピーチの勉強の効果もぐんと上がり
ますますスピーチが楽しみになるという
好循環を生むことができるのです。

ぜひ一度
スピーチの準備に時間をかけ
成功体験をしてみてください。
スピーチに対するイメージが変わりますよ。

さて、後日
Yさんから報告のメールをいただきました。
トレーニングしたある方法を用いて
スピーチを見事成功させたそうです。

それはどんな方法なのか、
次回お伝えしますね。

★「人を動かす話し方」の理論から
 ステップアップまで
https://bit.ly/2Y7NmCa

****************************************
あとがき
****************************************

春先のこの時期は、
暖かくなっていくのが嬉しい反面、
花粉症の人にとっては
つらいシーズンでもあります。

一般財団法人日本気象協会の
花粉飛散情報によると、ほとんどの地域で
例年に比べて飛散量が多いようです。

私も今年は花粉症がひどく、
特に目がかゆいのです。
そんなとき、
こんな記事を紹介してもらいました。
https://bit.ly/2Ht2wwb

コンタクトレンズをしていても
使える点眼薬について医師が解説しています。

私もコンタクトレンズ使用者ですが、
確かに違いました。
ご参考になれば幸いです。

★あなたの話し方を
 ビジネスの武器に変えましょう。
『「人を動かす話し方」を身につけるための
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/2O9xydK

2019年3月18日