正統派スピーチ コンサルティング

大阪で経営者の方々に講演をさせていただきました


先日、
大阪で講演をさせていただきました。
タイトルは
『経営者のための社員や顧客に信頼される話し方』。

経営者77名が参加してくださり、
中にはメモを取りながら
熱心に聞いてくださる姿もありました。
ありがとうございます。

今回の講演会の会場はこちら。

大阪市中央公会堂です。
ライトアップされた素敵な景観に、
到着するなり写真を撮ってしまいました!

それにしても
このネオルネッサンス様式の建物、
どこかで見たような…?

公会堂の公式HPによりますと、
この建物は東京駅と設計した辰野金吾氏が
設計に関わっているとのこと。
会場の内装も格調高い雰囲気でした。
国の重要文化財にも指定されているそうです。

過去には、
ヘレン・ケラー氏、ガガーリン大佐(宇宙飛行士)、
ゴルバチョフ氏など、
歴史に名を残す方々の講演会も開催されてきたとのこと。

このような場所で講演させていただき光栄です。
この場にふさわしい内容をお伝えせねば
と気合いが入りました!

さて、今回の講演会のタイトル
『経営者のための社員や顧客に信頼される話し方』。

なぜ信頼される話し方が重要なのか、
改めて考えてみたことはあるでしょうか。

経営者として社員を動かし、
顧客に仕事を任せてもらうには、
まず信頼されなくてはなりません。

この人は信頼するに足る人だと
聞き手に評価されて初めて、
言いたいことが伝わり、
人を動かすことができるのです。

聞き手は、話している内容よりも
まず話し方から受ける印象で
話し手のことを評価します。

例えば、
会社の経営方針を社員に伝える時や、
顧客にプレゼンテーションをする時。

格好のいい言い回しや
響きのいい言葉を考えたとしても、
それを伝える時に下を向いて
ボソボソと話したらどうでしょう。

言葉は伝えるためにあるもの。
その言葉に込めた思いを
どのように伝えるかが大事なのです。

自分の話があまり伝わらない。
思ったように仕事が進まない。

そう感じた時は
ご自分の伝え方、話し方を
振り返ってみることをおすすめします。

自分の思いを伝え、
人を動かすことができる
信頼される話し方。

これを身につけることは、
あなたのビジネスにおいて大きな推進力になるのです。

話し方がうまくなる人の共通点とは?


先日、大阪にて
『スピーチの苦手を克服する特別コンサルティング』
を開催いたしました。

東京・山口・愛知・京都・兵庫県在住の方たちも含め、
総勢8名が参加してくださいました。
ありがとうございます。

初めての大阪開催でしたが
ここで衝撃的な事実に気づきました。

コンサルに参加してくださる方々の
秘めた特徴とも言えることです。
(本人はお気づきではないかもしれませんが)

参加してくださった方の
アンケートを読んで分かったのです。

実は、 記入されている感想に
「ひとつの共通点」がありました。

その「ひとつの共通点」は、
『話し方がうまくなる人の共通点』
とも言えるものでした。

今回は
その共通ポイントについてお伝えします。

内緒にしておこうかな、とも思いましたが、
このブログをご覧くださっている皆さんに
特別にお教えしますね。

あなたには
話し方が上手になる素質はあるでしょうか?

あるかどうか考えながら読み進めてくださいね。

まずは今回のコンサルに参加した方の
感想をお読みください。
※アンケートに記載された原文です。

=======

●Hさん(製造業経営者・男性)
目的は社長としての話し方を身に付けたい事。
午前・午後通しての受講をしたかったです。
次のステップの受講をしたいです。

●Tさん(営業職・女性)
自分に何かきっかけが欲しかった。
一つ階段を上るきっかけづくりに申し込みました。
久しぶりにとてもよい刺激をうけられました。
ありがとうございます。

●Yさん(事務職・女性)
矢野先生がとても気さくな方で、
前日までの緊張がとけ、
楽しく受講することができました。
さらに深く学んでいきたいと思いました。

●道明奈津子さん(派遣社員)
これから個人として仕事をしていくにあたり、
自分を伝えるにはどうすれば良いのか知りたかった。
外見での見せ方まで レクチャーしていただけたのが、
すごく良かったです。

=======

さて、
この4人の感想に共通するものは何でしょう?

それは、
『ステップアップを意識している』
というところです。

次のステップを受講したい。
自分の階段を上るきっかけがほしい。
さらに深く学びたい。
派遣から個人事業主になりたい。
等々…

4人は現状に満足せず、
ステップアップへの思いを言葉にしているのです。

これこそまさに
『最高の話し方』
身につけられる人たちなのです。

※11月に、カドカワさんより
新刊『最高の話し方』を刊行いたします。
アマゾンページはこちら↓↓
https://goo.gl/ddJaH4
(新刊の内容については、また改めてお知らせしますね)

****************************************

『最高の話し方』を身につけられるか否かは
自分で決められる

****************************************

「最高」とは何でしょうか?

本書の執筆にあたり、
この問いをずっと頭の中で繰り返してきました。

来る日も来る日も、
「最高」「一番」「一流」など、最も優れたことを表す
似たような言葉の違いを考え 原稿に向かう日々でした。
ときには徹夜しながら やっと答えが出たのです。

「一番」は、『他者との比較』です。
二番、三番という他の人よりも、
自分が勝っているからこその一番ですね。

一方、「最高」とは
『自己との比較』から生まれるものです。

他の人と比べる必要はありません。
昨日の自分より勝っていれば、
自己ベストなら「最高」なのです。

たとえるならば
オリンピック選手が金メダル獲得しても
自己ベストでないなら最高ではない
ということにもなります。

さきほどご紹介した4人は
自己との比較で
ステップアップを目指している方々です。
現状に満足せず、
さらに上を目指すからこそ 成長するのです。 

今回グループコンサルに
参加してくださった方々の42%が、
学びをホンモノにしたいと
3カ月個別コンサルティングにお申込みされました。

早速10月からコンサルを
スタートなさった方もいます。

その方は年内に3カ月コンサルが修了し、
来年2018年は さらに成長した新しい自分で
一年をスタートすることができるのです!

大阪から東京までコンサルに通うと
言ってくださっている経営者もいます。

参加した方々が、
ほぼ休憩なしで必死になってメモをとっていた姿を
今でも思い出します。

そんな皆さんの成長が私も楽しみなんです。

『最高の話し方』は、
本当は誰でも身につけられる技術です。

今後、書籍やセミナー・コンサルティングなどで
それを伝え続けられたらと考えています。