セミナー・講演

グループコンサルでしか学べないこと

1月14日は成人の日でしたね。
あでやかな晴れ着姿の若者を
街で大勢見かけました。

大学で私の講義を受講している学生にも
成人式を迎えた学生がおり、
晴れ着姿の写真を送ってきてくれました。
いつもキャンパスで見る姿と違う様子は
大人への第一歩。

着物を選んだ親御さんの気持ちを考えると
胸がいっぱいになります。
新成人となった方、
そしてお子様が成人迎えた方、
おめでとうございます!

さて、同じ14日、
弊社では
2019年新春グループコンサルを
東京都内で開催しました。

今回と次回2回にわたって、
このグループコンサルの内容を
少しご紹介いたします。

************************************
グループコンサルでしか学べないこと
************************************

今回のグループコンサルでは、
私が研究を重ねてきた
心理学に基づいた
信頼を勝ち取るための
コミュニケーションスキルに関する
トレーニングを行いました。

遠くは愛知県、新潟県、福島県などから
申し込みをいただきました。
ありがとうございます。

ある行事で堂々と挨拶をする方法を
練習した経営者、
セミナーでわかりやすく説明する
話し方を練習した講師、
有利に交渉を進めるための
面談の仕方を練習した営業担当者など、
目的はさまざま。

1グループ5人以内の
少人数での開催ということもあり、
お一人お一人にじっくりと
個別でアドバイスさせて
いただくことができました。

ここで、
参加者の感想をご紹介します。

=====(ここから)

遅くまでありがとうございました。
矢野さんから得たものが
(期待を超えて)大きく、
次のステップにむかってやる気がでました!

=====(ここまで)

=====(ここから)

個人的な指導を受けられたことに加えて、
他人をみることで、
改善の効果もよく分かりました。

例えば
他の参加者が目線を変えただけで
これだけ印象が変わるのかと驚きでした。

最初は頼りない感じだったのが
目線を変えることで
信頼感/安定感が格段に向上しました。

(中略)

目力の影響は強力ですね。

=====(ここまで)

グループコンサルの長所は、
他の人が指導を受ける様子も
参考にできる点です。
こうした心理学でいう「モデリング」の効果で
学びがより深くなります。

セミナーでも
誰かが代表でトレーニングを受ければ
モデリングはできるのでは?
とお考えの方もいるでしょう。

しかし、人数が多いセミナーで、
個別に指導を行えるのは、
希望者の中から選ばれた代表のみで、
他の人は見るだけになってしまいます。
もちろんそれも勉強にはなりますが、
大勢の中では質問もしにくいですね。

一方グループコンサルでは、
一人のトレーニングを少人数で見るので
周りからもどんどん質問が出てくるのです。

ある人へのアドバイスを聞いていた参加者から
「そのアドバイスは自分のケースにも
 あてはまりますか?」
と質問を受けることがあります。

ほとんどの場合はNOです。

アドバイスした方法をとりいれるコツが
人によって違うからです。
少人数のグループコンサルなら、
その場にいる全員に、
それぞれに応じたコツをお伝えできます。

これが、
グループコンサルでしか学べないこと。

さて、お二人目の感想にあった「目力」。
話しているときのアイコンタクトに関連して
よくいただく質問がこちら。

「原稿は覚えなきゃだめですよね?」

あなたはどのように考えますか?

果たして
原稿は覚えなくてはならないのでしょうか?
私の答えはNOです。

スピーチ中に原稿を見てもOKです。
むしろ見たほうがいい場合があります。

こちらについては次回お伝えしますね。

なお、グループコンサルやセミナーの情報は
メールマガジンで配信しています。
興味のある方はぜひご登録ください。

★心理学にもとづいた
 再現性のあるコミュニケーションスキルを
 学べます。
『ビジネスマンのための信頼を勝ち取る
 コミュニケーションの法則』
https://bit.ly/2W2hn5n

************************************
編集後記
************************************

前回
年始の挨拶について書きました。
こちらをご覧になって試してみたという方から
メールをいただきました。

ご本人から許可をいただきましたので
ご紹介します。

====(ここから)

これまでの年頭挨拶で
最も手応えのある(伝わった)
挨拶になったと感じています。

昨年のいろいろな経験が熟成され、
場慣れしてきた気がします。

====(ここまで)

メールありがとうございます。
伝えたいことが伝わったという喜びは
何物にも代えがたいものです。
幸先のいいスタートとなりましたね。

正しい知識を身につけ、経験を積んでいけば
あなたもこうした
「伝わった手応え」を得られますよ。

★繰り返し学ぶことで知識が自信に
 矢野香のセミナー&講演を収録した映像を
 ダウンロード販売中。
https://bit.ly/2Dh4ZHz

2019年1月18日


新しいコミュニケーション法をお伝えする動画教材を発売しました

スピーチやコミュニケーションについて
動画で学べる教材の新作を本日発売しました。

タイトルは
『ビジネスマンのための信頼を勝ち取る
 コミュニケーションの法則』。

この動画で得られるものは、
学術的な根拠に基づく
聞き手を動かす正しい
ビジネスコミュニケーションの知識です。

また、自分の仕事ぶりを
適正に評価されるようにする
自己表現ノウハウです。


****************************************
信頼を勝ち取る
新しいコミュニケーションの技術
****************************************

思いを伝えて聞き手を動かす新スキル
「ビジネススピーチ・コミュニケーション」
学術的な理論による
アカデミックなコミュニケーション法です。

毎回安定した結果をだすことができ、
個人差もありません。
どのようなビジネスシーンでも
応用可能なものです。

プレゼンテーションやスピーチ、
商談などが多いビジネスパーソンは、

「緊張するからうまく話せない」
「実績がないから相手に響かない」
「プレゼン(人前で話す)経験が
 少ないから伝わらない」

など思い込みのある方々も多いことでしょう。

しかし、どの思い込みに対しても
実績や場数は信頼を勝ち取るための
最重要ポイントではありません。

・部下を動かして効率よく仕事をまわしたい。

・商談を上手にまとめて、実績を上げたい。

・自己紹介で信頼を勝ち取って
 優位な立場で話を進めたい。

・プレゼンテーションを成功させ、
 社員のモチベーションをあげたい。

などのビジネスシーンにおいて、
実績や場数はそれぞれの目的を果たすための
最重要項目ではないのです。

どのようにすれば
自分の狙っている信頼を勝ち取れるのか。

それは
『学術的理論を知った上で、
 場数を踏むことが重要』
なのです。

この動画で理論を学び、
その上で場数を踏むことで
信頼を勝ち取っていただくことができます。

これから年末年始にかけて、
人前で話をする機会が多くなる時期です。

こうした場での挨拶は
今までの自分のイメージから
新しい自分のイメージへと
変化を印象づけるチャンスでもあります。

しかし、
ひとつ間違えば信用を失う危険性もあります。

今回ご提供する
動画でお伝えしていることを身につけ、
2019年はステップアップした新しい自分として
スタートしていただけたら幸いです。

・キャリアや実績がない不安を、
 聞き手に察知されないようにしたい方

・自分の意見が正確に相手に
 伝わっていないのではという不安がある方

・話すのは得意だけど
 話し方・伝え方が自己流。
 正しい話し方かどうか確信がもてない方

・仕事上のライバルに
 話し方がうまい人がいて、
 危機感を感じている方

・マナー的な要素だけではなく
 自己アピールをしたい方

・毎回安定した結果を出す
 再現性があるスキルを身につけたい方

・自分を印象づけたい方

そんな思いのある方向けの動画です。

最後になりますが、
本動画のダイジェスト版や
収録されているセミナーに参加した方々への
インタビュー映像を
無料で見ることができます。

▼ダイジェスト版
https://www.youtube.com/watch?v=THo0KswhL9U

▼参加した方々の感想
https://www.youtube.com/watch?v=QFEuetvX-Hw&t=2s

『ビジネスマンのための信頼を勝ち取る
 コミュニケーションの法則』

詳細・ご購入方法はこちらをご覧ください。
https://bit.ly/2GsV84Y

2018年12月20日