矢野香の仕事について

トヨタが机の配置を変えた理由

今回スピーチスキルを向上させるヒントとして
ご紹介したいのは、先月開かれた
トヨタ自動車の春の労使協議会です。

労使交渉とスピーチ、
一見関係がなさそうですが、そこで語られた
同社の豊田章男代表取締役社長の言葉には、
スピーチをするときに必要な視点と
共通するものがありました。

**********************************
目的は行動変容
**********************************

https://toyotatimes.jp/insidetoyota/053.html

こちらのトヨタ自動車のメディア
「トヨタイムズ」によると、
同社では今春の労使協議会の席において
机の配置を変えたとのことです。

これまで会社側と労働組合が向かい合うという
並びだったのを、
労働組合、管理職、経営陣の三者が
三角形に向き合うかたちにしたのです。

なぜそうしたのかについて
豊田氏はこう語ります。

= = = =(ここから)

組合員の皆さんは、
こちらに座っている役員、幹部職、基幹職の
「映し鏡」だと思っております。

皆さんの言動は、
職場でのマネジメントの言動を
映し出したものだと思うのです。

それであるが故に、これまでの交渉でも、
私は組合員の皆さんに伝える形をとりながら、
多くのメッセージを、私の後ろに座っている
マネジメントに向けて伝えてまいりました。

しかし、背中に向かって話をしていても、
一向に「伝わっている」という
手応えが感じられない、
というのが私の正直な想いです。

年頭の挨拶でも申し上げたように、
「伝わる」というのは「言動が変わる」
ということだと思っております。

= = = =(ここまで)

管理職にも向き合って自分の言葉を伝えるために
机の配置を変えたのだとおっしゃっています。

「伝わる」というのは「言動が変わる」
という豊田氏の言葉。
まさに「聞き手の行動変容」ですね。

ビジネスにおけるスピーチやプレゼンは、
「反対していた人が賛成する」
「興味のなかった人が商品を購入する」など
聞き手の行動を変えることが
最も大事な目標です。

あなたは
「うまかった」「感動した」などの言葉を
もらうだけで満足していませんか。

聞き手にどのような行動変容を促したいのか、
目的を明確にしておくのが
ワンランク上のスピーチスキルなのです。

目的が分かれば
何をどのように伝えるべきか
そしてそのためには
どのような準備が必要かが
見えてくるはずです。

******************************
あとがき
******************************

株式会社パソナさんの
「働き方を研究する」コンテンツ
「はたラボ」に取材していただきました。

今回の取材は、当初
「プレゼンの失敗をリカバリーする方法
について教えてほしい」というご依頼でした。

それに対し、
「プレゼンの失敗とは何か?」という、
「失敗の定義」からお話ししたため、
全編・後編に分けての
長い記事になってしまいました(;’∀’)

しかし、
そもそも論を忘れてスキルに走るのは要注意!

本日お伝えした
「目的は行動変容」ということについても
お話ししています。
ぜひご参考になさってください。

プレゼンは緊張しても噛んでも失敗ではない
~スピーチコンサルタント・矢野香さんが
伝授する「プレゼン上手になるための思考法」(前編)~
https://bit.ly/3bcNfel


2020年3月24日


自己紹介で〇〇タイプを伝えよう

先月、
ラジオ番組『simple style -オヒルノオト-』
に出演させていただきました。

毎週月曜日から金曜日
11時30分~12時55分、
全国23のFM局で放送されている番組です。
http://www.jfn.jp/RadioShows/oto

パーソナリティーはモデルの渡辺枝里子さん。
さすがはモデル!
お顔が小さくてスタイルもよく、
とても綺麗でした♪
事前の打ち合わせも自らスタジオから出てきて
丁寧に対応してくださるなど、
人柄も素晴らしい方でした。

拙著『大人の伝え方ノート
一言で「人間関係」はガラッと変わる!』

大人の伝え方ノート表紙

をお読みいただいたという
渡辺さんのナビゲートのおかげで、
番組では楽しくお話しさせていただきました。

リスナーの皆様からいただく
メッセージテーマが
「自己紹介」だったこともあり、
番組内で、印象に残る自己紹介の仕方について
質問をいただきました。

自己紹介は初対面の人と人間関係を築くための
第一関門であり、
苦手意識を持つ人も多いかもしれません。

しかし、
ビジネスシーンで自己紹介をする機会は
意外と多いもの。
苦手と避けてばかりではいられません。

そこで今回は
印象に残る自己紹介をするための
ヒントをお伝えします。

***********************************
「ステレオタイプ」を利用する
***********************************

自己紹介でただ名前を言うだけでは
相手の印象には残りません。
初対面の人に
あなたという人物をどう印象付けるのか。
そこを考えるのが大人の伝え方です。

心理学の用語で
初頭効果」というものがあります。
先に提示される情報の方が、人の印象に
大きな影響を与えるという理論です。

つまり、
自己紹介で最初に示されたあなたの情報は、
その後の印象も左右するのです。

番組にメッセージを寄せてくださった
あるリスナーの方は、自己紹介のときに
3月3日のひな祭りが誕生日
ということを話すそうです。

これは、
まさに「ステレオタイプ」を活用した
巧みな自己紹介です。

「ステレオタイプ」とは、
ある集団に属している人に対する
思い込みです。

たとえば、大阪出身と聞くと
きっとこの人はお笑い好きなんだろうな
と思いませんか。

このリスナーの方の場合、
ひな祭りから連想して
「柔和で優しい人」「女性的」
というイメージを聞き手は抱くでしょう。
(リスナーご本人が男性であっても
女性であっても、です。)

このステレオタイプを上手に使えば、
短い言葉であなたの人となりを
印象付けることができるのです。

上に挙げた出身地のほか、
職業や学生時代の部活など
いろんなステレオタイプがあります。

あなたの情報の中で
うまく自己紹介に使えそうな
ステレオタイプは何ですか?
ぜひ考えてみてくださいね。

★心理学に基づくアカデミックな
話し方のスキルを学びましょう。
繰り返し見ることで、学びが定着します。
https://bit.ly/2RgJax0


2019年6月17日