スピーチを成功に導く「YOUの視点」

前回のブログで
トヨタ自動車の春の労使協議会での
豊田章男代表取締役社長の発言を引用し、
スピーチやプレゼンの目的は
「聞き手の行動変容」だということを
お伝えしました。


今回も引き続き、
スピーチスキルを向上させるヒントとして
豊田氏の言葉をご紹介します。

********************************
「YOU」を主語にする
********************************

先週と同じ
トヨタの春の労使協議会の動画より、
24分ごろの豊田氏を抜粋します。
https://bit.ly/3bsFXUc

= = = =(ここから)

私が感じていることがあります。
それは、事技職の皆さんが、
私と話をする時の主語は、
ほとんどが「I」だということです。
(中略)
トヨタの人たちは、「I」を主語にして、
自分のことだけ話していても
仕事は進んでいくというのが
実態ではないでしょうか。
(中略)
トヨタの事技職の人たちは、
どれだけ先方の会社に出向き、
相手の会社のことを勉強し、
相手のことを知ろうとしているでしょうか。

どれだけ「YOU」を主語にした
会話をしているでしょうか。

「YOU」を主語にして話すと
初めて気がつくことがあります。
(中略)
「YOU」を主語にするということは、
自分以外の人に関心を持つということです。
そして、それは、世の中の動きに関心を持つ
ということでもあります。

= = = =(ここまで)

「YOU」を主語にする。

豊田氏は、職場でのコミュニケーションのあり方
について述べていらっしゃいますが、
大勢を前にするスピーチやプレゼンでも
同様のことが言えます。

拙著『NHK式+心理学
一分で一生の信頼を勝ち取る法』
で、「I→YOU→WE法」というスキルを
紹介しています。

これは、話をI(私)から始め、
YOU(あなた)、そしてWE(私たち)へと
徐々に広げていくことで、
聞き手を巻き込んでいく方法です。

一方的に自説を展開していては、
話し手は満足かもしれませんが、
聞き手は置いてきぼりになってしまいます。

「言ってることはわかるけど」と、
モヤモヤした気持ちのまま
会場を後にすることになるかもしれません。

スピーチやプレゼンでも大事なのは
相手に関心を持つこと。
「I→YOU→WE法」を用いて
「あなたはどうですか?」と問いかければ、
聞き手との距離を近づけることができます。

その結果、
話し手の言葉が聞き手にダイレクトに伝わり、
前のメールで述べた
「聞き手の行動変容」につながるのです。

「I→YOU→WE法」は特に
聞き手がこれから話す内容に
興味がなさそうなときに効果的な方法です。
ぜひお試しください。


★オンライン化されるということは
あなたの話し方が保存され、
その場でのごまかしが
利かなくなることでもあります。
信頼される「NHK式」話し方の基本を
押さえておきましょう。
https://bit.ly/3dDTbPD

 

********************************
あとがき
********************************

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために
各国の首相・大統領・国王などのリーダーが
国民に向けてメッセージを発信しています。

スピーチの観点からも注目していますが
ドイツのメルケル首相のスピーチが
共感する・聞き手への行動を促す
という点で素晴らしいと感じました。

動画はこちら↓
https://bit.ly/3duPxYe

全文はこちら↓
https://bit.ly/33SuY3F
日本語訳は公式ページがないため、
ご興味ある方は検索してみてください。


2020年3月31日

 


トヨタが机の配置を変えた理由

今回スピーチスキルを向上させるヒントとして
ご紹介したいのは、先月開かれた
トヨタ自動車の春の労使協議会です。

労使交渉とスピーチ、
一見関係がなさそうですが、そこで語られた
同社の豊田章男代表取締役社長の言葉には、
スピーチをするときに必要な視点と
共通するものがありました。

**********************************
目的は行動変容
**********************************

https://toyotatimes.jp/insidetoyota/053.html

こちらのトヨタ自動車のメディア
「トヨタイムズ」によると、
同社では今春の労使協議会の席において
机の配置を変えたとのことです。

これまで会社側と労働組合が向かい合うという
並びだったのを、
労働組合、管理職、経営陣の三者が
三角形に向き合うかたちにしたのです。

なぜそうしたのかについて
豊田氏はこう語ります。

= = = =(ここから)

組合員の皆さんは、
こちらに座っている役員、幹部職、基幹職の
「映し鏡」だと思っております。

皆さんの言動は、
職場でのマネジメントの言動を
映し出したものだと思うのです。

それであるが故に、これまでの交渉でも、
私は組合員の皆さんに伝える形をとりながら、
多くのメッセージを、私の後ろに座っている
マネジメントに向けて伝えてまいりました。

しかし、背中に向かって話をしていても、
一向に「伝わっている」という
手応えが感じられない、
というのが私の正直な想いです。

年頭の挨拶でも申し上げたように、
「伝わる」というのは「言動が変わる」
ということだと思っております。

= = = =(ここまで)

管理職にも向き合って自分の言葉を伝えるために
机の配置を変えたのだとおっしゃっています。

「伝わる」というのは「言動が変わる」
という豊田氏の言葉。
まさに「聞き手の行動変容」ですね。

ビジネスにおけるスピーチやプレゼンは、
「反対していた人が賛成する」
「興味のなかった人が商品を購入する」など
聞き手の行動を変えることが
最も大事な目標です。

あなたは
「うまかった」「感動した」などの言葉を
もらうだけで満足していませんか。

聞き手にどのような行動変容を促したいのか、
目的を明確にしておくのが
ワンランク上のスピーチスキルなのです。

目的が分かれば
何をどのように伝えるべきか
そしてそのためには
どのような準備が必要かが
見えてくるはずです。

******************************
あとがき
******************************

株式会社パソナさんの
「働き方を研究する」コンテンツ
「はたラボ」に取材していただきました。

今回の取材は、当初
「プレゼンの失敗をリカバリーする方法
について教えてほしい」というご依頼でした。

それに対し、
「プレゼンの失敗とは何か?」という、
「失敗の定義」からお話ししたため、
全編・後編に分けての
長い記事になってしまいました(;’∀’)

しかし、
そもそも論を忘れてスキルに走るのは要注意!

本日お伝えした
「目的は行動変容」ということについても
お話ししています。
ぜひご参考になさってください。

プレゼンは緊張しても噛んでも失敗ではない
~スピーチコンサルタント・矢野香さんが
伝授する「プレゼン上手になるための思考法」(前編)~
https://bit.ly/3bcNfel


2020年3月24日