この秋おすすめのビジネス書

まだまだ残暑が続きますが、
朝晩は少し涼しく感じられ、
秋の気配がしますね。

今回は、読書の秋に向けて
おすすめの本をご紹介します。

***************************************************
権力はコミュニケーションスキルの一つである
***************************************************

今回ご紹介するのは7月に上梓された
『スタンフォードの権力のレッスン』
デボラ・グルーンフェルド (著)
御立 英史 (翻訳)
ダイヤモンド社
https://bit.ly/3xZVa9U

本書は、全米トップクラスのビジネススクール、
スタンフォード大学GSB(経営大学院)で
「人を動かす」ための至高のメソッドとして
人気の講義を書籍にしたものです。

著者のグルーンフェルド氏は、
スタンフォード大学経営大学院
社会心理学教授で、
権力と組織行動について
25年間研究してきた方です。

実は、このグルーンフェルド教授の専門分野と
私の専門分野が同じなのです。

私は「権力」とは名付けていませんが、
「正統派スピーチ」として
エグゼクティブの方々に
同じようなコミュニケーションスキルを
コンサルティングしています。
そういう興味から早速読んでみました。

本書では
権力とは何かという定義から
権力を上手に使う方法、
あるいは、権力に対抗する方法まで
幅広く述べられています。

以下、本書の目次です。

<PART1> 権力とは何か?
その正体を正確に知る

<PART2> 権力を戦略的に使う
ハードパワーとソフトパワー

<PART3> 権力を感じさせる
パワフルに行動する方法

<PART4> 権力の手綱をさばく
権力への対抗策

権力という言葉に、
あまりいい印象を持たない人もいるでしょう。

しかし著者は、
権力を上手に使うことは
コミュニケーションスキルの
一つとして提案しています。

本書の
「PART3 権力を感じさせる
パワフルに行動する方法」で
書かれている「権力を演じる」が、
とくに私の専門にあたります。

本書で紹介されている
ビジネスパーソンがスーツを着用する
「スーツ・アップ」というスキルや、
女性のビジネスパーソンがハイヒールを
履くことをやめられない理由は(165頁)、
私たち日本の研究事例にも共通点があり
興味深く拝読しました。

実は、人前で話をするとき
靴は履くだけのものではなく、
音を出す道具でもあるのです。

聞き手が最も注目するのは、
話し手が登場するシーンです。
演台に立つまでにどんな足音で歩いていくのか、
その見せ方によって
相手に与える印象は変わります。

(詳細は、拙著『NHK式+心理学
一分で一生の信頼を勝ち取る法』
https://bit.ly/2WRLl1n


でも述べていますので、
参考になさってください)

つまり、本書で言及されている
「権力を演じる」とは、
私が常々セミナーやスピーチコンサルで
「一挙手一投足に意図を持つ」
とお伝えしている部分です。

『スタンフォードの権力のレッスン』
ぜひ読んでみてくださいね。


★「何を語るか」の言語表現テクニック。
「どう語るか」の非言語表現テクニック。
この2つに意図を持つことで
人を動かす話し方となる。
そんな「NHK式」話し方を公開。

https://bit.ly/3tpca8V

********************************************
あとがき
********************************************

9月5日、
東京パラリンピックが閉幕しました。

ほとんどの競技が無観客という異例の形で
行われた今回のオリンピック・パラリンピック。
しかし、アスリートたちにとって、
大きな舞台であることには変わりありません。

競技終了後のインタビューでは、
いくつもの名言が生まれましたね。

競泳女子個人メドレーで2冠に輝いた
大橋悠依選手。

「自分のレースをしようと思って
自分を信じて泳いだ」

「自分を信じて泳いだ」という言葉は、
各メディアでも見出しに使われました。

アーチェリー男子個人で
銅メダルの古川高晴選手。

「本当にうれしいけれど、
それよりも感謝の気持ちが大きい」

人柄が感じられるコメントでした。

まさかの落下という結果に終わった
体操男子種目別鉄棒の内村航平選手。

「僕が見せられる夢はここまでかな」

長く体操界を引っ張ってきたからこそ
の言葉ではないでしょうか。

そして、日本のパラリンピック選手で
史上最年長、50歳で金メダリストとなった
自転車女子個人ロードレース
(運動機能障害)の杉浦佳子さん。

「最年少記録は二度と作れないけど、
最年長記録はまた作れます」

限界を自分で決めつけない強い言葉に、
勇気づけられました。

一方、14歳で銀メダリストとなった
競泳女子背泳ぎ(運動機能障害)の
山田美幸さん。

「水泳をしていなかったら、
経験できない夏休みになったと思っています」

とても初々しいコメントでした。

いずれも、この大会のために
全力を尽くしたからこその重みがあり、
その思いの深さに
聞き手は心を動かされるのだと思います。

★心理学に基づくアカデミックな
 話し方のスキルを動画で学びましょう。
 繰り返し見ることで、学びが定着します。

『「人を動かす話し方」を身につけるための
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/3tpca8V

2021年9月8日


スピーチのアドリブ力を鍛えるには?

8日24日、東京パラリンピックが
開幕しました。

8月8日閉幕した東京オリンピックでは、
スピーチも話題になりました。

SNS上では、
開会式でのトーマス・バッハIOC会長の
スピーチが長いとか、

橋本聖子大会組織委員会会長が
スピーチで涙を見せていたことに対して
この場で泣くのが適当なのかとか、
いろいろと批判的な意見も見受けられました。

出典:https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_610fd4e3e4b05f81570b7736

そして、昨日のパラリンピックの開会式でも
橋本氏とアンドリュー・パーソンズIPC会長の
スピーチ時間の合計が予定をオーバーした
という趣旨の報道もありました。

これらオリンピック・パラリンピック関連
スピーチについて
私も各メディアからも取材依頼を
いただいていましたが、
お断りさせていただきました。

理由は、
彼らのスピーチの上手ではないところを
指摘する趣旨の特集が多かったからです。

私は個人的に
公人の正式な場でのスピーチは
悪いところを指摘するより、
その方のスピーチの良いところを
探すことをお勧めしたいと考えています。

以前このブログでも、
菅首相のスピーチについて良いところを
ご紹介したことがあります。

参考
「菅首相の施政方針演説
真似したい上手いポイントもあります」
https://authenty.co.jp/blog/archives/3625

私たちが取り入れて真似できることを
見つけていきたいですね。

——————————————–
「一言お願いします」と
急に挨拶やスピーチを頼まれて
慌てふためいた……

こんな経験はありませんか?
そのとき、あなたはどう対応しましたか?

さっと状況を読み、
アドリブで気の利いた一言を伝える

これが出来れば最高ですが、
しどろもどろになって終わるという方が
多いのかもしれません。

あるいは、
絶対に失敗したくない
大事なプレゼンでハプニングが起きた。
突発的な出来事にどう対応すればよかったのか
というご質問もよくいただきます。

とっさの一言、突然のハプニング。
両者に問われるのは「アドリブ力」。

ということで、先日Clubhouseにて

「ジャズに学ぶアドリブ力の鍛え方:
 スピーチを瞬時に最適化する力は
 ほとんど練習で身につく」

というテーマでお話をしました

ゲストは、
NY在住のジャズミュージシャン
宮嶋みぎわさん。


出典:https://miggymigiwa.net/

ジャズの醍醐味と言えばアドリブですよね。

Clubhouseのルールにより、
詳しい内容についてはお話しできませんが、
当日みぎわさんに教えていただいた
ジャズに学ぶアドリブ力について
ポイントをお伝えします。

********************************************
アドリブ力は練習すれば必ず身につく
********************************************

みぎわさんは
「アドリブ力は練習すれば
必ずできるようになる」と断言。

そもそもアドリブとは?という話から、
実際にジャズミュージシャンの方々が
なさっているアドリブ力を鍛えるための
トレーニングも教えてくださいました。

みぎわさんによると、
アドリブ力は八百屋に例えると
分かりやすいとのこと。

八百屋の主人=あなただとしましょう。

八百屋にはさまざまなお客さんが
入れ代わり立ち代わり訪れます。

事前にどんなお客さんが来るか
予測は難しい。
そして、店先に並んだ野菜や果物の中で
お客さんが何を買うかも分かりません。

八百屋の主人は
アドリブ力が問われるわけです。
このことについて、みぎわさんが
わかりやすくnoteにまとめています。
https://bit.ly/36UcVMQ

以下一部引用させていただきます。

<感心できない八百屋の主人の例>

1:1種類の野菜しか仕入れない

2:顧客が欲しいものをきかず、
 自分が今日売りたい野菜の話だけをする

3:野菜と関係ない話ばかり長くて、
 肝心の野菜について教えてくれない

4:話は上手いが実際に買ってみたら
 野菜の品質がダメダメ

5:ライバルの八百屋の悪口が多い

6:店内が不潔

7:お客さんに嫌われるのが怖くて、
 いつもビクビク。品は良いのに、
 支払いしようと声をかける
 とびっくりして逃げてしまう。

いかがでしょう。
こんな八百屋があったら
お客さんは困りますよね。

アドリブが苦手な方は、1~7のどこかに
当てはまる点があるのでは?

よくあるのが7です。
聞き手からどんな反応があるか
怖くて緊張してしまう、ということです。

1と4もよくあります。

1の「1つの野菜しか仕入れない」は、
スピーチに置き換えると、
得意な話題が1つしかない、
もしくは語彙がとても少ないということ。

4の「話は上手いが実際に買ってみたら
野菜の品質がダメダメ」は、
うわべだけのごまかしは上手だけれども、
本質的に顧客の満足を満たしていない
ということです。

1と4は、練習で克服することができます。

つまり、たくさんの技術を仕入れ、
仕入れた技術の品質を日々磨くことです。

1と4を改善したら、おのずと7の
「聞き手からの反応が怖い」
ということもなくなるはず。

ですから、
「アドリブ力は練習で身につく」のです。

もっと知りたい方は
ぜひみぎわさんのnoteをご覧ください。
https://bit.ly/36UcVMQ

たとえ同じ題材でのスピーチを
繰り返し行うことがあっても、
会場や、聴衆、そのときの社会情勢など、
ひとつとして同じスピーチはありません。

その場に応じたアドリブを繰り出せる
スキルを磨いておけば、鬼に金棒ですよね。

そして痛感するのは
「スキルは、再現性があるものである」
ということ。

うまいなと思った人のスキルは、
正しい知識と練習によって
自分の中で再現できるようになります。

そのための具体的な方法を研究し、
実際に使えるようにお伝えするのが
私の使命です!

これからもこのブログやClubhouseで
そんなスキル向上のヒントを
お伝えしていきます。

なお、Clubhouseは
先月より招待制ではなくなり、
一般公開されています。

どなたでもアプリをインストールすれば
気軽に参加できますので、
ぜひ聞いてみてくださいね。

 

★効果的な練習をするには、
正しい知識が必要です。
心理学に基づくアカデミックな
話し方のスキルを動画で学びましょう。

『ビジネスマンのための信頼を勝ち取る
コミュニケーションの法則』
https://bit.ly/3kqURQR


2021年8月27日