オンラインで自然な笑顔になる方法

新型コロナウイルス感染症の拡大を機に、
ご存じのように
政府はテレワークの推進に力を入れています。

先月も西村康稔経済再生担当大臣は
経済団体に出勤者の7割減を求めるとともに、
企業ごとの取り組みを
積極的に公表するよう求めました。

東京都の調査によると、
都内企業(従業員30人以上)の
テレワーク導入率は、
2回目の緊急事態宣言下の今年3月前半には
59.0%に上りました。

同じ調査で
去年3月のテレワーク導入率は24.0%。
この1年でテレワークが2倍以上に
浸透しています。

実際、
オンラインでのコミュニケーションにも
慣れてきたという方が
多いのではないでしょうか。

しかし、「なかなか慣れない」「難しい」
という声が多いのが、
オンラインで話をするときの
目線の使い方です。

オンラインでは
リアルとは違う目線の使い方が必要で、
拙著でもご紹介いたしました。

今日は拙著でご紹介した方法をアレンジした
とてもいい方法を読者から
報告いただきましたので、
シェアしますね。

***********************************************
ミラーニューロンの働きを利用しよう
***********************************************

オンラインで話をするとき、
カメラ映りを気にして画面に映った自分を
見てしまいがちですが、これはNG。

オンラインのときの目線の正解は、
カメラ目線です。

拙著『オンラインでの「伝え方」
 ココが違います!』(すばる舎)では、
このカメラ目線が
違和感なくできるようになる方法や
相手が目の前にいなくても自然な笑顔を作れる
方法をいくつかお伝えしています。

その一つがカメラのレンズ近くに
家族や友人の笑顔の写真など、
見ると自然と笑顔になれる写真を貼ること。

人間には他人の行動を見ると
自分自身も同じ行動をとっているかのように
反応する神経細胞
「ミラーニューロン」が備わっているのです。

この働きにより、無意識に目の前の出来事を
真似たり共感したりします。
その力を使いましょう。

憧れの人の写真や
ペットの写真でも何でもいいのです。

拙著を読んでくださった読者のGさんが
Twitterで、
ご自分が自然な笑顔になれる方法を
アップしてくださっていました。

それは「ゴリラ」!
カメラのレンズの先に
くりっとした目がかわいい
ゴリラのぬいぐるみを
置いているのです。

ご本人の許可をいただきましたので、
ツイートを共有すると

「読んでいたら、Webカメラの先に
 自分の笑顔の写真を貼っておけば、
 Zoomでカメラ目線となり表情も自然になる
 といった神アドバイスを発見。

 さっそく試してみようと笑顔の写真を
 捜索したもののまったく存在せず。
 仕方ないので代わりを配置」

こちらが実際の写真です。
確かに笑顔になれそう!
書籍を読んで、
オリジナルの工夫をしてくださって感激です。

Gさん、ご紹介ありがとうございました。

あなたも自分が笑顔になれるアイテムを
探してカメラの近くに置いてみてくださいね。
オンラインでのコミュニケーションが
スムーズになりますよ。

 

★オンラインでの伝え方を
コロナ禍の世界のリーダーのスピーチから
学びましょう。

『有事をチャンスに変える
 リーダーズスピーチ』
https://bit.ly/3gzDz1M


2021年6月14日


1センチで変わるオンラインでの映り方

緊急事態宣言が東京、大阪、兵庫、京都の
4都府県で5月末まで延長されるとともに、
5月12日から愛知県と福岡県が対象地域に
加えられました。
何かと行動が制限される日々が続きますね。

「できないこと」に目を向けるより
上手に気分転換してストレスを
ためないようにしたいものですね。

先日、私も美容院に行って、
リフレッシュしてきました。
リアルの講演ご依頼が多かったときは
毎週のように行っていた美容院も
コロナ禍で数か月ぶり…。

そこで美容師さんと
オンライン談義になりました。
それぞれのブロが、それぞれ専門の立場から
オンライン化について考えているのだな、
と大変興味深いお話を伺いました。

今回は美容師さんに伺った
オンラインでの映り方のコツを
シェアしますね。

****************************************
ポイントは前髪の高さ
****************************************


オンラインシステムに参加するときに
若々しく明るい印象に映るポイントは
髪の毛の「高さ」なんだそうです。

男性でも女性でも同じです。
前髪の高さを
1センチ持ち上げるといいとのこと。

とくにヘッドセットを使う場合は
髪の毛がぺたんとなりがちですから
意識して、つまみ上げるといいそうです。

私も早速、試してみました。
頭のてっぺんを1センチつまみあげ、
さらにスプレーやワックスで固めると、
時間がたっても崩れず
その状態をキープできました。

先月23日、菅義偉首相は
4都府県への緊急事態宣言発出を伝える
記者会見の中で、出勤者7割減に向け
テレワークの活用を要請しました。

今後もリモートワークが続く方が
多いことでしょう。
オンラインでの会議やセミナーを
成功させるために
欠かせないのが事前準備です。

カメラうつりや表情、音声を
リハーサルするだけでなく、
これからは最後のひと手間に
髪の高さのチェックも
加えてみてくださいね。

なお、
拙著『オンラインでの「伝え方」
 ココが違います!』(すばる舎)では、
リハーサルを行う際の
チェックリストを掲載しています。

・背景にビジネスにふさわしくないものが
 映り込んでいないか

・台形バストショットになっているか

・照明の色は目的に合っているか
(ビジネスには青白い昼光色がおすすめ)

・資料を見せるときの画面共有など、
 役割分担はできているか

などなど、
オンラインで信頼を高めるための
確認事項は多岐にわたります。
詳しくは、
拙著を参考になさってください。

★リーダーとしてこれからの必須スキル
 オンラインでのスピーチ力を
 手に入れましょう

『有事をチャンスに変える
 リーダーズスピーチ』
https://bit.ly/2R3OPer

***************************************
あとがき
***************************************

5月10日発売のPHP研究所のビジネス雑誌
『THE21』2021年6月号に
インタビューを掲載していただきました。
https://www.php.co.jp/magazine/the21/

今月号の特集は
「敵をつくるひと言、好かれるひと言」。

この中の
「仕事が全部うまくいく伝える技術」
という記事の中で、
「オンラインで好印象を持たれる
 見せ方と話し方の作法」について
4ページにわたって解説しています。

そのほか
フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんが
「話のまとめ方、盛り上げ方」について、
国際ジャーナリストの
モーリー・ロバートソンさんが
「言いたいことをハッキリ言っても
 周囲を不快にさせない話し方」について
など、多彩な方々が登場されています。

ぜひご覧ください。


★心理学に基づくアカデミックな
 話し方のスキルを動画で学びましょう。
 繰り返し見ることで、学びが定着します。

『「人を動かす話し方」を身につけるための
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/2RQ0s8Q

2021年5月12日