2020年おすすめの年頭挨拶は、やはり日本を代表するこの経営者!

2020年が始まり、
早くも1カ月がたちましたね。
今年もどうぞよろしくお願いします。

新年に新たな
目標を立てた方も多いことでしょう。
目標達成への進捗状況はいかがでしょうか。

会社を経営している方は
従業員へ年頭挨拶もされたことでしょう。

年頭挨拶は、
経営者の考えや会社の姿勢を示す
大切な機会です。
疎かにはできません。

そこで今回は日本を代表する
ある企業の年頭挨拶に注目します。

このスピーチには、
リーダーとしての話し方のヒントが
たくさん含まれていますので
ぜひご覧になってください。

*****************************************
見比べればわかるスピーチのコツ
*****************************************

先日、ある政治家と話していたところ、
こちらのスピーチを見て
感動したとおっしゃいました。

今年1月に行われたトヨタ自動車株式会社の
豊田章男代表取締役社長による年頭挨拶です。

実は、失礼ながら私は
「今年はスピーチとしては今一つだった」
と思っています。

なぜなら、去年の年頭挨拶が
スピーチ・プレゼンとして
素晴らしかったからです。
映像はこちらです。

その政治家にも、
ぜひこちらを見てほしいとご紹介しました。

あなたも今年と去年の豊田氏の年頭挨拶を
見比べてみてください。
どこが違うか分かりますか?
考えてみてくださいね。

ちなみに
今年の年頭挨拶の途中で挿入されている、
米・ラスベガスで今月開催された
CES2020での豊田氏のプレゼンは
素晴らしいものでした。

特に、このプレゼンの中で
豊田氏から紹介を受けて登壇する
デンマーク出身の建築家
ビャルケ・インゲルス氏の非言語表現は
見ものです。

彼が行ったのは、
トヨタがこれから実現を目指す
未来の実証都市についてのプレゼン。

実証都市のイメージスライドが
次々と映し出されるのですが、
インゲルス氏がスライドの中に入り込んで、
その映し出された道の中に立っているように
見えるのです。

しかも、話しながらスライドも見ずに
自然に立つ位置を変えていくのです。

この言葉のときにこの場所に立つ、
そのためにはこのくらいの速度で歩く
ということまで映像を確認しながら
リハーサルを重ねたのでしょう。

まさに練習の賜物です。
ぜひチェックしてみてくださいね。

年頭挨拶でのスキルは、
これから迎える
4月の新年度シーズンのスピーチはもちろん、
日常の会議などでも
みんなのモチベーションあげたり
意思統一を促したりするときにも使えますよ。

★あなたの話し方を
ビジネスの武器に変えましょう。
『「人を動かす話し方」を身につけるための
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/31WYWCM

2020年2月13日


上野千鶴子氏のスピーチはここがすごい

令和最初の年ももうすぐ終わりですね。
おかげさまで今年も
スピーチ・コミュニケーション研究と
コンサルティングで色々な学びのあった
一年でした。

ご縁をいただいた皆様、
ありがとうございました。

そんな中、先日は
社会学者で東京大学名誉教授の
上野千鶴子先生の講演を
聞く機会がありました。

上野先生といえば
今年4月に行われた東京大学入学式の
祝辞が話題となりましたね。

https://bit.ly/2Qn5LrX
こちらの東京大学のHPに
スピーチ全文が公開されています。


出典:https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/z1301_00014.html

社会の中のさまざまな格差や不平等について
ふれたスピーチは、
ソーシャルメディア上で多くの人が言及し、
マスメディアにも取り上げられ、
大きな反響を呼びました。

「感銘を受けた」と称賛する声がある一方で
「入学式という晴れの舞台にふさわしいのか」
と疑問視する声もあり、
賛否両論が巻き起こったのです。

今回は、私が今月拝聴した上野先生の講演で、
さすがだな!と思った
ポイントをシェアします。
皆さんも人前で挨拶などするときに使える
聞き手を引き込むスキルです。


***************************************
聞き手を引き込むポイント3つ
***************************************

①講演のつかみ

今回の講演は、この一言から始まりました。

「私は今年、これでバズりました」。

スライドは東大入学式で祝辞をなさっている
ご本人の写真。

「バズる」とは、
主にインターネット上で大勢が話題にしている
状態を指す言葉です。

会場から一斉に笑いが起こりました。
みんなが知っていることを
タイムリーに使ったうまい入り方ですね。

ここでは、「バズりました」という
くだけた言い方がポイントです。

東大名誉教授で日本を代表する
フェミニストの講演というと、
真面目な難しい話をされそうで、
構えてしまう感じがしませんか?

しかし、この冒頭の一言で
「この講演は笑っていいんだ」と
聞き手が共通認識を持つことができ、
場づくりの効果があります。

実際、
2時間の講演は絶えず知的な笑いがあり、
あっという間でした。

②誰かに話したくなる新情報

講演では、
この入学式スピーチの後日談も
話していらっしゃいました。

例えば、その一つは、
上野先生の祝辞の影響か、
今年の東京大学のオープンキャンパスには
例年以上に女子学生の参加が多かった
というエピソード。

東大入学式での祝辞が話題になったという
世間で広く知られている話に、
本人から直接話を聞いた会場の人だけが
知ることができる話を加えたのです。

自分だけが知っていることを
他の人にも話したいというのは人間の心理。
実際に私もこうして
皆さんに紹介していますよね(笑)

聞き手を引き込み、さらに
その場にいない人たちも巻き込んで
話題を拡散させるうまい方法です。

③時々入る関西弁

講演中、上野先生は、
関西弁をところどころ
使っていらっしゃいました。

講演全体は標準語で、
社会情勢などデータを説明するときに
「『なんでやねん』と思わず
 言いたくなるのですが…」
などと、感情の部分で関西弁を入れるのです。

上野先生は富山県ご出身ですが
大学生活を京都で過ごし、
大学教員としてのキャリアも京都でスタート。

関西弁を
無理して使っているような感じもなく、
自然に聞こえました。

上品さと信頼性を残しつつ、
関西弁の親しみやすさやノリの良さを
うまく取り入れていらっしゃるのは
さすが!の一言でした。

スピーチの内容にもよりますが、
方言を織り交ぜると
話し手のキャラクターが伝わり、
聞き手との距離が近づきます。

本日ご紹介した
上野先生のスピーチ術。

年末に今年の振り返りするときや
年初めの抱負を語るときなどに
ぜひお試しください。
正統派でありながら
肩肘の張らないスピーチとなりますよ。


★心理学に基づくアカデミックな
スピーチ分析から導きだされたコツを
自分の話し方に取り入れてみませんか?
『たった一言で人を動かす「最高の話し方」』
完全マスターセット
https://bit.ly/2EZ8wu7

2019年12月28日