【後編】異動期のスピーチのコツ

新年度がスタートし、
新元号も発表されましたね。

今回は、前回に引き続き、
異動期のあいさつのコツについて
お伝えします。

*************************************
スピーチで望むキャリア引き寄せる
*************************************

前回、ビジネスシーンにおいて
スピーチやあいさつをするときは、
まず目的を明確にすること重要であり、
『PREP法』を使った話し方が
有効であるとお伝えしました。

では、
異動期のあいさつやスピーチの目的は
なんでしょう。

一つは
「コミュニケーションを円滑にしたい」
という目的が考えられます。
こちらについては前回お伝えしました。

さらに、職場におけるあいさつやスピーチには
もう一つの目的があります。

それは、
自分の望むキャリアを引き寄せることです。

異動は自分の今後のキャリアを考える好機。
自分が今後どのような仕事をしたいか考え、
それをスピーチに織り交ぜるのです。

たとえば
希望とは違った部門に
異動することになったのであれば、
「志半ばでありますが」と話してみる。

海外赴任を目標にしているなら、
自己紹介のときに言ってみる。

PREP法を使って自己紹介をすると、
以下のようになります。

1.Point(結論)
 私のことを「〇〇」と呼んでください。
(単なるあだ名ではなくキャッチフレーズを)

2.Reason(理由)
 なぜなら、
 私は○○を大事にしているからです。

3.Example(事例)
 たとえば新人の頃
 こんなこと(やり遂げたことなど具体的に)
 がありました。
 この経験をしたことで、
 いずれ海外赴任をしたい
 と考えるようになりました。

4.Point(結論の再確認)
 その目標を叶えるためにも
 与えられた仕事は精一杯頑張ります。
 ○○と覚えてください。

自分の思いを伝えることで、
次のチャンスにつながる可能性もあります。

職場におけるスピーチやあいさつの重要性を
理解し、適切な方法で実践することが、
自分の望むキャリアを手に入れる
近道なのです。

なお、先月14日に紙面で掲載された記事が
日本経済新聞電子版にも掲載されました。
こちらもぜひご覧ください。
https://bit.ly/2Iez9Oy

※有料会員限定記事ですが、無料会員登録で
月10本の記事まで閲覧可能です。


★あなたの話し方を
 ビジネスの武器に変えましょう。
 『「人を動かす話し方」を身につけるための
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/2FW39fb

2019年4月8日


【前編】異動期のスピーチのコツ

年度の切り替えのこの時期、
新しい職場に異動したという方、
異動してきた人や新入社員を迎えるという方
も多いでしょう。

新しい人間関係を構築するのに
欠かせないのがあいさつですよね。

こうした
異動期のあいさつやスピーチのコツについて
新聞の取材としてお話いたしました。

紙面には3月14日の
日経産業新聞に掲載されましたが、
「記事を見逃した」という
ご連絡をいただきましたので
内容を一部ご紹介しますね。

***************************************
PREP法でコミュニケーションを円滑に
***************************************

まず考えたいのが、
あいさつやスピーチの目的です。

ビジネスにおけるスピーチは
「話がうまいね」で終わってしまっては
意味がありません。
何のためにあいさつをするのか、
目的をはっきりとさせることが大事です。

たとえば、
これまでの職場を離れて
他部署へ移るときのあいさつであれば、
「今後も助け合えるよう
 つながりを持ちつづけたい」

新しい職場でのあいさつなら、
「新しい業務に早く慣れることができるよう
 いろいろと教えてほしい」
といったことが考えられます。

こうした場面に最適な
スピーチの組み立て方は『PREP法』です。

拙著『NHK式+心理学
一分で一生の信頼を勝ち取る法』

【NHK式+心理学】 一分で一生の信頼を勝ち取る法

でも紹介していますので
ご存知の方も多いかと思いますが、
改めて説明します。

1『結論(Point)』
2『理由(Reason)』
3『事例(Example)』
4『結論の再確認(Point)』


という順に話をしていく方法です。

たとえば
別の支店に移ることになったときのあいさつ。
PREP法を使うとこのようになります。

P:この○年間で成長することができました。
R:職場の皆さんにご指導いただいたからです。
E:難しいと思われたA社の案件も、
 このように助けてもらえたからこそ
 うまくいきました。
P:この支店で学んだことを
 新しい支店でも生かしていきます。
 今後もよろしくお願いします。

ポイントとなるのが、3番目の事例です。
聞き手の共感を得られるような
具体的な失敗談や成功談をいれましょう。

話の長さは、3分以内に収めます。
長々と話す必要はありません。

時間配分はそれぞれ
最初のPに5秒、Rに2~3秒、
最後のPに2~3秒、
残りの時間全部をE
にあてます

一文は50文字以内に。
拙著『最高の話し方』でもご紹介した
一文一息の話し方です。

最高の話し方

短く言い切ることで、
思いがより伝わるのです。

業務報告と違ってあいさつは、
あなたという人を周りに分かってもらう
ためのものでもあります。
人柄をにじませるような話し方をすると
聞き手の心に残るあいさつになります。 

感情も抑える必要はありません。
なじみのある職場を離れる寂しさや
新しい業務にチャレンジできる喜びを
表情や声の調子、ジェスチャーで
自然体で表現しましょう。

職場でのあいさつやスピーチには、
コミュニケーションを円滑にする以外の
目的もあります。

こちらについては、次回お伝えしますね。

★信頼を勝ち取る
 コミュニケーション法をマスターしましょう。
『ビジネスマンのための信頼を勝ち取る
 コミュニケーションの法則』
https://bit.ly/2U8jqaZ

2019年4月2日