つれづれ

人は「話し方」であなたを区別する

新型コロナウィルスの
新たな変異株の懸念もありますが、
感染症対策をしたうえで
だんだんとイベントが開催されるように
なってきましたね。

私も、2年ぶりに帝国劇場へ。
ミュージカル『マイ・フェア・レディ』を
鑑賞してきました。
https://www.tohostage.com/myfairlady/

帝国劇場は、1911年に
日本初の西洋式劇場として建設されました。
その発起人の一人に、
今年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の
主人公である渋沢栄一も名を連ねたそうです。

感染対策のため
以前とは違うルールが多々ありながらも、
こうしてまた舞台を見られることに感謝しつつ
久しぶりの舞台を楽しみました。

やり直しがきかない一発勝負という点や、
発信する側と受け取る側が
時間と空間を共有するという点で
舞台とスピーチは似ています。

ですから、
私にとって舞台はスピーチのための勉強の場。
スピーチがうまくなりたいという方は
ぜひ劇場に足を運んでみてくださいね。
何かヒントを得られるはずですよ。

*******************************************
人は『話し方』で区別する
*******************************************

今回私がみた
『マイ・フェア・レディ』は、
日本で初めて上演された
ブロードウェイミュージカルです。

下町で花売りをしていたイライザと、
彼女に話し方のトレーニングをする
言語学者ヒギンズの物語で、

1963年の初演以来、
繰り返し上演されている不朽の名作。

オードリー・ヘップバーン主演の映画
『マイ・フェア・レディ』を
ご覧になったという方も多いことでしょう。

当時の言語学者が行っていた
話し方のトレーニングは、
現代でいうと
スピーチコンサルティングですね。

今回の舞台で私が一番衝撃を受けたのは、
ヒギンズ教授が歌った
『Why Can’t The English?』という曲の歌詞。

「人は人を『話し方』で区別する。
なのに、なぜ人は学ぼうとしないのか」
「話し方に無頓着」

この歌詞は、
まさに
私がお伝えしたいこと、そのもの!

裏を返せば、話し方を学べば
与える印象は変えられます。
「なのに、なぜ人は学ぼうとしないのか」です。

イライザも話し方のトレーニングを
受けることによって
運命が変わっていくのです。

舞台をきっかけに、また映画もみたくなり、
再度映画『マイ・フェア・レディ』も見ました。

 

当時は、
イライザ役のオードリー・ヘプバーンの
美しさばかりに目がいったのですが、
今回はスピーチコンサルタントという職業柄、
ヒギンズ教授の言動ばかりに
目がいってしまいました。

中でも印象に残ったのが、
なかなか上達しないイライザに
ヒギンズ教授が発する言葉。

「人の心から優れた思想を引き出し、
類いまれな想像性をはらむ音楽的言語。
それを君は制服しようとしている」

この「言語」の魅力を解説した台詞、
今回の舞台では
「言葉の尊厳」
「人間の偉大さ」
「人間的な知の集合体」と訳されていました。

私もヒギンズ教授のように、
言葉や話し方の大切さを
もっと発信していかなくてはと
来年2022年の目標になりました。


★あなたは話し方で損をしていませんか?
正しい理論を学んで、
話し方をビジネスの武器にしましょう。

『ビジネスマンのための信頼を勝ち取る
コミュニケーションの法則』
https://bit.ly/3FmTJa1

 

2021年12月27日


あの常套句が死語に?オンラインの新スタンダード

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を
受けてリモートワークが広がっています。
いままで対面で行っていたことを
オンラインで行うことも増えてきました。

たとえば会議。
先日、私が勤務する大学で、
ある会議が予定されていました。
当日朝、
事務局からこんなメールが届きました。

「本日の会議は、悪天候等の理由から
 Web会議で開催します」

会議が行われる予定の場所まで、
公共交通機関で20分ほどかかる場所から
移動してくる参加者もいるため、
悪天候の中わざわざ対面で集まる必要はない
という判断だったようです。

実際にその後、大雨特別警報が発表され、
記録的豪雨を観測しました。
崖崩れなどの被害が出た地域もあったため、
懸命な判断だったといえるでしょう。

会議はオンラインで実施され、
審議は問題なく終了しました。

「時代が変わった!」
と実感した瞬間でした。

これからのスタンダードは、
雨になったらオンライン、
なのかもしれません。

司会者の常套句、
「本日はお足元の悪い中
お越しいただきありがとうございます」は、
今後聞かれなくなるかもしれませんね。

さらに、本学の会議では
議題によって
対面かオンラインかを使い分けています。

いままで、オンラインは
代替方法でしかありませんでした。

そのため
「対面ができないから仕方なくオンライン」
というネガティブなものに
とらえられがちでした。

しかし、今は
対面とオンライン
それぞれのメリットを考慮しながら
選択する時代に変化しているのです。

あなたの業種で「時代が変わった」
と感じた瞬間はありましたか?
それはどんなことですか?

今後ますます
コミュニケーションをオンラインで
行うことが多くなります。

あなたはオンラインでも
きちんと効果的に自分の意見をまとめて
伝えられていますか?

オンラインになると対面以上に
論理的に話すテクニックが必要になります。

現在、私の研究室では、
オンラインにおける
より分かりやすい話し方について
実験中です。

結果が分かり次第
皆さんにもお伝えしますので、
どうぞご期待ください。

★世界のトップリーダーのスピーチから、
オンラインでも人を動かす
コミュニケーションを学びましょう
『有事をチャンスに変える
リーダーズスピーチ』
https://bit.ly/3l2I4DQ

**********************************
あとがき
**********************************

先週はお盆休み、夏休みだったという方も
多いことでしょう。
いかがお過ごしでしたか?

私はお盆休みの最中、
法人のクライアントから
CEOのスピーチ原稿とスライド案が
届きました。
週明けまでに添削希望とのこと。
・・・そうか・・・。
外資系企業はお盆休みが無いんですね(;’∀’)

そういえば私の先祖には
藩の「右筆」だった方がいるそうです。

※『広辞苑』によると、右筆とは、
「武家の職名。貴人に侍して
文書を書くことをつかさどった人」。
Wikipediaによると、
「文章の代筆が本来の職務であった」
とのこと。

お墓参りで
ご先祖さまに現在の仕事について
感謝しながらご報告しつつ、
力を貸してもらえるようお願いしました。

おかげさまでご希望までに
修正原稿を納品することができ一安心です。

★あなたの話し方を
ビジネスの武器に変えるために
必要なのは正しい理論です。
『「人を動かす話し方」を身につけるための
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/3gfL8bL

2020年8月19日