つれづれ

スピーチに関するおすすめ本三選

日本各地から梅雨入りのたよりが
届く季節になりました。

この時期は
雨の中外出するのが億劫で、
休みの日も家で過ごすことが多い、
という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は
スピーチ関連のおすすめの本を
3冊ご紹介します。

**********************************************
伝えることの難しさと楽しさを知る
**********************************************

まずは先月発売された新刊から一冊。
『24歳の僕が、
オバマ大統領のスピーチライターに?!』
デビッド・リット(著)(光文社) 

 
https://www.amazon.co.jp/dp/4334962181

スピーチライターやスピーチコンサルタントなど
スピーチに関わる裏方の存在が
注目されるようになったのは、
2008年のアメリカ大統領選挙が
大きなきっかけでした。

この選挙で勝利し、
第44代アメリカ大統領に就任した
バラク・オバマ氏。
“Yes, we can!”というフレーズは、
今も記憶に残っていますよね。

そのオバマ氏のスピーチライターチームに
若くして加わったのが著者。
名演説が生まれた舞台裏や
ホワイトハウスでの日々をつづっています。

480ページと厚い本ですが、
とても面白く、
あっという間に読んでしまいますよ。

– – – – –

一方、日本の政治の内側について
知りたいという方には
こちらがおすすめです。
『首相官邸で働いて初めてわかったこと』
下村健一(著) (朝日新書)


https://www.amazon.co.jp/dp/4022734973

報道キャスターから転身し、
2010年10月から2年間
内閣審議官を務めた下村氏。

政府の情報発信に携わる中で
国民に伝えるとはどういうことかを
模索しつづける著者の姿が
読み手に迫ります。

東日本大震災、福島の原発事故当時の
緊迫した官邸の状況なども
つぶさに描かれています。
リスク管理の参考にもなりますよ。

– – – – –

最後にご紹介するのは小説です。
『本日は、お日柄もよく』
原田マハ(著)(徳間文庫)


https://www.amazon.co.jp/dp/4198937060

駆け出しのスピーチライターが
仕事を通して
成長していくストーリーです。

WOWOWでドラマ化されたので
ご覧になった方も
いらっしゃるかもしれません。

言葉の持つ力について
改めて考えさせられました。
スピーチのコツも
随所にちりばめられており、
スピーチのビジネス書としても楽しめます。

以上、「伝える」をテーマにした
おすすめ本をご紹介しました。
ぜひ読んでみてください。
感想などもお聞かせいただけると嬉しいです。

★心理学に基づくアカデミックな
話し方のスキルを学びましょう。
繰り返し見ることで、学びが定着します。
https://bit.ly/2kU6ZeJ

******************************
あとがき
******************************

「梅雨入り」のニュースが続いています。

テレビや新聞報道では梅雨入りについて
「気象庁は○日、○○地方で
梅雨入りしたとみられると発表した」
という言い方をしているのに
お気づきでしょうか。

以前は「梅雨入り宣言」「梅雨明け宣言」を
していましたが、
いまは「梅雨入りしたとみられる」
「梅雨明けしたとみられる」という
あいまいな表現をしています。

気象庁では、
数日から一週間程度の天候予想に基づき、
梅雨入りと梅雨明けを発表しているそうです。
自然現象が相手ですから、
外れることもあります。

梅雨入りの発表をした途端に
晴れの日が続く
なんていうこともたまにありますよね。
ですから、「みられる」という言い方を
しているんですね。

その後に春から夏の天候経過を見て、
9月はじめに梅雨入り・明けの確定を
行い発表します。
その際も「○月○日ごろ」としています。

いつから梅雨に入ったか、
いつ梅雨が明けたかという情報は
防災や農業などの面でも重要ですが、
断定した発言は難しいようです。

必要な情報を提供しつつ、
誤解を与えないような表現を、という
気象庁の苦心の跡が見られますね^_^

★信頼を勝ち取り
ビジネスに活かすのであれば、
「NHK式」の話し方が効果的です。
『「人を動かす話し方」を身につけるための
教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/2HuICx5

2018年6月11日


奇跡の再生を起こした高田明氏の言葉の力

現在開催中の平昌オリンピック。
日本選手の活躍もあり、
連日盛り上がっていますね。

さて、こちらも注目したいのが、
2月23日に開幕を迎えた
サッカーJ1リーグ。

長崎出身の私にとって
今年は特別の思い入れがあります。
というのも、今シーズン、
V・ファーレン長崎が
初めてJ1に昇格したからです。


出典:https://www.facebook.com/nagasaki.yattemyudesk/

今回のV・ファーレン長崎
J1昇格の立役者であり、
長崎出身のカリスマ経営者といえば
ジャパネットたかた創業者の高田明氏。
(「高」は「はしごだか」)

今回は
先日、その高田氏とお話しをしたときに
お聞きした言葉をご紹介します。

*************************************
言葉で聞き手を巻き込み、結果を出す
*************************************

2016年のシーズン
V・ファーレン長崎は、J2で15位。
しかも、
累積で約3億円もの赤字を抱えるなど、
チームは経営難にも陥っていました。

そんな中、2017年4月に
V・ファーレン長崎の社長に就任し
チームのかじ取りを担ったのが、
高田氏でした。

高田新体制のもと臨んだ
2017年シーズン、
V・ファーレン長崎は一挙に2位に躍進。
J1昇格を決めたのです。

このことについて
「長崎の奇跡」
「奇跡の再生」
と、メディアでは報じられました。

そんな高田氏に
先日お会いすることがありました。

そこで、
どうやってサッカーチームを強くしたのか、
もともと高田社長は
サッカーにも詳しかったのか、
と伺ってみたのです。

すると、高田氏は
あのいつもの口調で笑顔を見せつつ
「私は何もしていませんよ~」
とおっしゃいました。

「ただ、チームにこう伝えただけです」と。

「私は経営のプロ。
 だから、V・ファーレンの
 企業再生は私に任せてください。

 監督と選手のみなさんはサッカーのプロ。
 サッカーの練習と試合に
 集中してください。」

企業、チームの存続を心配しながら
プレイしたのでは、
選手は実力が出せません。

そこで高田氏は
それぞれが自分のやるべきことをやれば
道は開けるということを
簡潔な言葉で伝え、
みんなを安心させたのです。

この言葉に奮起したチームは
これまで以上の能力を発揮し、
J1昇格を成し遂げたのです。

これぞ、
まさに聞き手を巻き込む言葉の力ですね。

高田氏はご自身の著書
『伝えることから始めよう』
で、こう語っています。

「何か他人に伝えるときに大切なのは、
 スキルとマインドそしてミッションだと
 私は思っています。」

詳しくは同書を
お読みになっていただきたいのですが、

マインドとは情熱、
何かを伝えたいという熱い思いのこと。

ミッションとは
なぜ、何のために伝えるのかということ。

スキル、マインド、ミッションが揃って初めて
言葉は力を持ち、人を動かすのです。

今回の高田氏のチームに対する言葉も
この3つが揃っていたからこそ、
選手のやる気を引き出し
J1昇格という結果を生み出したのです。

『伝えることから始めよう』
ぜひお読みになってくださいね。
https://www.amazon.co.jp/dp/4492045902

さらに、この本の中で
私が共感した部分をご紹介します。

「多くの人に情報を伝達する仕事をする人は、
 先に人間性を磨かないといけない
 と思います。
 それは、非言語の表現に
 人間性が現れてしまうからです。」

「お客さまは、
 極めて冷静に相手を見ています。
 相手の顔や声、語りや身振り手振りなど、
 そのすべてを総合的に受け止めて、
 信頼がおける人物かどうかを
 判断していますよ。」

高田氏が非言語表現をとても
重要視していることが分かります。

伝えるということについて、
深く考えていらっしゃるからこそ、
彼の通販番組は
多くの方に支持されたのでしょうね。

★信頼を勝ち取り
ビジネスに活かすのであれば、
「NHK式」の話し方が効果的です。
『「人を動かす話し方」を身につけるための
教材専門オンラインSHOP』
https://authenty.buyshop.jp/

***********************************
あとがき
***********************************

「新聞記事で見て買うつもりでした。
 矢野先生の本でしたか。」

今回高田さんに
拙著『最高の話し方』
https://www.amazon.co.jp/dp/4046019425/
をお渡ししたところ、いただいた言葉です。

「『間』の本と聞いたので
 読みたかったんですよ」
とのこと。

高田さんも
「間」を大切にしていらっしゃるんですね。

後日お会いしたときには
「矢野先生の本
 移動中に読もうと持ち歩いていますよ~」
と、おっしゃってくださいました。

こうしたちょっとした一言にも
言葉の力を感じました。

 

★自宅で人を動かす話し方(スピーチ)を
マスターしませんか?

矢野香のセミナー&講演を収録した映像を
ダウンロード販売中。
https://authenty.buyshop.jp/