メディア掲載・取材・出演

新年度対策!「自己紹介」に対する苦手意識を克服するための3つの方法

今月から新年度。
入社、入学、部署異動など、
環境が変わった
という方もいらっしゃるでしょう。

そして、この時期多いのが
自己紹介も兼ねた挨拶ですね。

先日、
SBSのラジオ番組『IPPO』
(月~金曜7時~9時オンエア)
にお声かけいただき、
自己紹介のコツについてお伝えしました。


出典:http://www.at-s.com/sbsradio/program/ippo/

自己紹介というと、
苦手意識を持っている人も少なくありません。
では、なぜ苦手なのか、
あなたは考えたことはありますか?

今回は番組でもご紹介した、
苦手を得意に変えるポイントをお伝えします。

*******************************************
自己紹介は最終目的ではない
*******************************************

「自己紹介をお願いします」と言われて
あなたはどんな話しをしますか?
多くの人は名前、出身地、趣味など
自分のプライベートな情報を
淡々と伝えるだけではないでしょうか。

私は、これを
「警察の取り調べ」と呼んでいます。

情報を羅列して、あとは
聞き手に判断してもらうという状態、
つまり受け身なのです。

自己紹介が不得意な人は、
“自分がどう思われるか?”を
自分でコントロールができていません。
コントロールできないから不安なのです。
だから苦手意識を持ってしまいます。

一方、自己紹介が得意な人は、
“自分はこう思われたい”というのが明確です。
「見られ方」を主体的にコントロールします。

忘れてはいけないのが、
自己紹介は最終目的ではないということ。

自己紹介は、
次のコミュニケーションにつなげるもの。

つまり、
「この人ともっと話をしてみたい」
「この人に仕事を任せてみたい」など、
次の機会を生み出すために自己紹介をするのです。

そのために大切なのが、
自己紹介に対する事前準備です。

では、「見られ方」を主体的にコントロールし
自己紹介で成功するために、
実際にどんな準備をすればいいのでしょう。

それには、以下の3つの方法があります。

———————————————
1.自分にキャッチフレーズをつける
———————————————

印象とは
相手に「〇〇さんはこういう人」と
ファイリングしてもらうことです。

ですから、
キャッチフレーズをつけるというのが
最もストレートな方法です。

前々回のブログでご紹介した、
日本ハムの新庄剛志監督が就任会見時に
「ビッグボスと呼んで」と言ったのも、
一種のキャッチフレーズですね。

出典:hhttps://www.fighters.co.jp/news/detail/00003636.html


——————————————–
2.相手へのメリットにかえる
——————————————–

「会社周辺のおいしいランチの
お店は網羅しています」

「エクセルが得意で、丁寧さが売りです」

など、自分が相手に与えられるメリットは何か
という観点から考えます。

この「相手へのメリット」について
自分では言いづらいなというときに使えるのが
次の方法です。

——————————————–
3.第三者の評価を使う
——————————————–

謙虚が美徳とされることも多い日本社会。
自分で自分をアピールするのは
ハードルが高いと感じる人もいるでしょう。

そんなときは、
「他の人が自分についてこう言っている」
としてアピールすればいいのです。

「前の部署では、あなたのそのこまやかな準備が
ありがたいと言われていました」

「親からは、その笑顔がいいのよと言われます」

など、周囲から言われた言葉を借りれば
自分では言いづらい自分の長所も
言いやすいですよね。

自己紹介とは、「自分のCM」です。

CMは短い時間で視聴者の興味を引き、
「この商品を手に取ってみたい」
あるいは最近だと「検索してもっと知りたい」
など、次の行動へのフックとなるものですよね。

自己紹介を聞いた人との次の場面をイメージし、
どういう人と思われたいかを考えて
準備をしましょう。

それが、自己紹介へ苦手意識を払しょくして、
得意になれるコツです。

受け身の「警察の取り調べ」から、
見られ方の「主体的コントロール」へ。

ぜひお試しください。
そして、成功したときは
ぜひ教えていただけると嬉しいです。

★もっとこの人と話したいと思われるために
心理学に基づくアカデミックな
話し方のスキルを動画で学びましょう。

『ビジネスマンのための信頼を勝ち取る
コミュニケーションの法則』
https://bit.ly/36ZM4Te


******************************************
あとがき
******************************************

年度替わりに関連して、
この4月から別部署に異動するという
あるクライアントから、
以下のようなご報告をいただきました。

=====(ここから)

最終日に、あるスタッフからメールがきました。
「送別会での私のスピーチの内容に
とても共感した」と言ってくれました。

また、1年前、
そのスタッフが着任したときに開催した
歓迎会での私のスピーチと、
今回のスピーチに同じキーワードが
あったことにも気づいたとのこと。

以前矢野さんがおっしゃっていたように、
メッセージが首尾一貫するよう、
過去のスピーチ内容も思い出しながら
原稿を作ったので、
心のなかでガッツポーズをしていました!

=====(ここまで)

ご報告ありがとうございます!

これは送別会でのエピソードですが、
事前準備が功を奏した例ですね。
この方はきっと、
新しい部署での自己紹介も
うまくいくことでしょう。

「人を動かす」「思いを伝える」
話し方のスキルを動画で学べます
『「人を動かす話し方
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/38n4zRN


2022年4月7日


「モノマネ」と「スピーチ」の関係

「それは、ただの『モノマネスピーチ』。
安易な『モノマネ』はNGです!」

これは、拙著『マンガでわかる!
その話し方では軽すぎます!』の主人公である
スピーチコンサルタントの矢吹サオリが、
第2章に登場する営業担当に対して
言い放った言葉です。

その営業担当は、
成功している人たちのYouTubeでの話し方を
そのまま真似をした結果、
取引先の信頼を失ってしまったのでした。

モノマネ芸は人を笑わせるのが目的ですが、
形だけを真似すると、
かえって信頼を失うことになるのです。

ですから、話したい内容や
聞き手に与えたい印象に合っていない
「モノマネスピーチ」はしないように、
とお伝えしています。

そんな私が
モノマネをする、あるお笑い芸人の方が
パーソナリティを務めるラジオ番組に
出演することになりました。

事前に拙著を読んでくださったというその方は、

「安易なモノマネをして営業先で軽い話し方に
なってしまった営業マンに
『あなたはまさにモノマネ芸人!』と
諫めているけれど、
実際にモノマネ芸もやってきた
本当の芸人の私はどうなってしまうのか?…と
収録を始める前はドキドキでした」

と後日談でコメントしています。

モノマネ芸人と矢野の対決は
はたしてどうなったのでしょうか?

 

*********************************************
ヒラリー・クリントン氏も
実践しているスキルとは
*********************************************

ラジオ番組のパーソナリティを
務めているあるお笑い芸人の方とは、
石井てる美さん。

出典:https://www.watanabepro.co.jp/mypage/40000073/

東京大学工学部を卒業、
マッキンゼー・アンド・カンパニーに
就職したのちにお笑い芸人に
転身したという異色の経歴の持ち主です。

石井さんと言えば、
ヒラリー・クリントン氏のモノマネ。

私も初めて拝見したときは、
あまりにヒラリー・クリントン氏の
特徴をとらえているので
大笑いしつつも、感動しました。

まずは石井さんのこちらの動画をご覧ください。
「ヒラリー・クリントン ショートネタ集」

いかがですか?

特に注目は冒頭の
「5歩あるく間に7人の知り合いを見つける
ヒラリー・クリントン」
というネタ。

アメリカ大統領選のスピーチでの
クリントン氏の登壇シーンをもとにしたもの。
よくぞこのシーンを
モノマネのネタにピックアップしたなと
感激しました。

人前に登場するときに与える
印象はとても重要です。

聴衆が話し手に一番注目しているのは、
話し手が登場するときだからです。
大勢の視線を一身に浴びながら
ステージに出ていくのは誰だって
緊張しますよね。

そんなときの秘策の一つが、
先に聴衆を見ておくこと。
事前にどこに誰が座っているか、
集まっている人たちについて
情報を入れておくのです。

いよいよ登場する段階になり、
自分の姿が相手に見えたところで
しっかりとアイコンタクトをとります。

そして、正面でお辞儀をする前にも
アイコンタクトをとります。

こうすると、話し始める前に
2~3度相手を見ることになり、
演台の前に立った時に見える風景が
初めてのものになりません。

しかも、聴衆からは
「しっかりとこちらを見てくれる
落ち着いた人」
と思われるのです。

この方法は
「話す前に成功をとりつける7つの秘策」として
拙著『NHK式+心理学
一分で一生の信頼を勝ち取る法』では
イラスト付きでご紹介しました。

この「7つの秘策」のなかでお伝えしている
「先に見る」というスキルを、
クリントン氏は演台まで歩いていく間に
聴衆としっかりとアイコンタクトをとるという
方法で取り入れているのです。

石井さんはその特徴を見事に抽出して
笑いに変えています。

さて、そんな石井さんの番組は株式会社リクルートスタッフィングさんの「らしさラジオ」。

今回のテーマは、
「感じのいい話し方、
どう身につければいい?」

そもそもどういうときに人は
「あの人は感じがいい」と思うのでしょう。
あなたは考えたことがありますか?

番組では、心理学からみた
「この人は感じがいい」と印象を持たれる
話し方やその身に付け方、

そして、
話すのが苦手という人でもできる
感じがいいと思われる話のきき方
などについて話をしました。

詳細は
ぜひ「らしさラジオ」でおききください。

https://bit.ly/3kOb7N6

公開日程は以下のとおりです。
・前編は10月19日(火)
・後編は10月26日(火)


★世界のトップリーダーのスピーチを分析。
「モノマネ」から脱して、人を動かす
スピーチスキルを手に入れましょう

『有事をチャンスに変える
 リーダーズスピーチ』

https://bit.ly/3lssPpL

******************************************
あとがき
******************************************

プレジデント社の動画プラットフォーム
「PRESIDENT経営者カレッジ」より、
動画が発売開始となりました。

「リーダーのための正統派スピーチ術
~心理学に基づく理論と実践~」

https://presidentinc.socialcast.jp/

ビジネスパーソンが日々困っている
話し方の悩みを克服する方法について
わかりやすくお伝えしています。

■第1部 日本一わかりやすいスピーチ教室

■第2部 劇的に変わる改造レッスン

■第3部 飛躍的に伸びるレベルアップレッスン

■第4部 リモート会議で成果をあげる

以上、4部合わせて約120分の動画で、
どなたでも身につけられる
実践的な技術を具体的にお教えします。

職場でのコミュニケーションに、
重要なスピーチやプレゼンに、
ぜひご活用ください。

 

2021年10月18日