著書

スピーチを成功に導く「YOUの視点」

前回のブログで
トヨタ自動車の春の労使協議会での
豊田章男代表取締役社長の発言を引用し、
スピーチやプレゼンの目的は
「聞き手の行動変容」だということを
お伝えしました。


今回も引き続き、
スピーチスキルを向上させるヒントとして
豊田氏の言葉をご紹介します。

********************************
「YOU」を主語にする
********************************

先週と同じ
トヨタの春の労使協議会の動画より、
24分ごろの豊田氏を抜粋します。
https://bit.ly/3bsFXUc

= = = =(ここから)

私が感じていることがあります。
それは、事技職の皆さんが、
私と話をする時の主語は、
ほとんどが「I」だということです。
(中略)
トヨタの人たちは、「I」を主語にして、
自分のことだけ話していても
仕事は進んでいくというのが
実態ではないでしょうか。
(中略)
トヨタの事技職の人たちは、
どれだけ先方の会社に出向き、
相手の会社のことを勉強し、
相手のことを知ろうとしているでしょうか。

どれだけ「YOU」を主語にした
会話をしているでしょうか。

「YOU」を主語にして話すと
初めて気がつくことがあります。
(中略)
「YOU」を主語にするということは、
自分以外の人に関心を持つということです。
そして、それは、世の中の動きに関心を持つ
ということでもあります。

= = = =(ここまで)

「YOU」を主語にする。

豊田氏は、職場でのコミュニケーションのあり方
について述べていらっしゃいますが、
大勢を前にするスピーチやプレゼンでも
同様のことが言えます。

拙著『NHK式+心理学
一分で一生の信頼を勝ち取る法』
で、「I→YOU→WE法」というスキルを
紹介しています。

これは、話をI(私)から始め、
YOU(あなた)、そしてWE(私たち)へと
徐々に広げていくことで、
聞き手を巻き込んでいく方法です。

一方的に自説を展開していては、
話し手は満足かもしれませんが、
聞き手は置いてきぼりになってしまいます。

「言ってることはわかるけど」と、
モヤモヤした気持ちのまま
会場を後にすることになるかもしれません。

スピーチやプレゼンでも大事なのは
相手に関心を持つこと。
「I→YOU→WE法」を用いて
「あなたはどうですか?」と問いかければ、
聞き手との距離を近づけることができます。

その結果、
話し手の言葉が聞き手にダイレクトに伝わり、
前のメールで述べた
「聞き手の行動変容」につながるのです。

「I→YOU→WE法」は特に
聞き手がこれから話す内容に
興味がなさそうなときに効果的な方法です。
ぜひお試しください。


★オンライン化されるということは
あなたの話し方が保存され、
その場でのごまかしが
利かなくなることでもあります。
信頼される「NHK式」話し方の基本を
押さえておきましょう。
https://bit.ly/3dDTbPD

 

********************************
あとがき
********************************

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために
各国の首相・大統領・国王などのリーダーが
国民に向けてメッセージを発信しています。

スピーチの観点からも注目していますが
ドイツのメルケル首相のスピーチが
共感する・聞き手への行動を促す
という点で素晴らしいと感じました。

動画はこちら↓
https://bit.ly/3duPxYe

全文はこちら↓
https://bit.ly/33SuY3F
日本語訳は公式ページがないため、
ご興味ある方は検索してみてください。


2020年3月31日

 


新刊「大人の伝え方ノート」発売されました

いつもブログをご覧いただき、
ありがとうございます。
今回は新刊発売のお知らせです。

このたび、

『大人の伝え方ノート
 一言で「人間関係」はガラッと変わる!』

をSBクリエイティブさんより
上梓させていただきました。
今週末頃よりお近くの書店に並びます。

こちらのアマゾンページでも
ご購入できます。↓↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4797398736/

2年前に企画がまとまり、
原稿の準備を進めてまいりました。

2018年の単行本ビジネス書部門で
年間ベストセラー第一位になった
齋藤孝先生の著書『大人の語彙力ノート』。
https://www.amazon.co.jp/dp/4797393440/

この大ベストセラーのシリーズ化が決まり、
『大人の伝え方ノート』はその第一作目として
発刊されることとなりました。
トップバッターを担うこととなり、
大変光栄に思っています。

「コーヒーでいい」
「コーヒーがいい」
言い方ひとつで相手の受け取り方が変わり、
あなたの印象もその後の人間関係も
変わってきてしまうものです。

一度ですっと相手の懐に入り
望むような人間関係をつくることが
できるとしたら、
ビジネスでもプライベートでも
どんなにかうまくいくでしょう。

そんなコミュニケーションをとれるかどうかは
あなたの伝え方次第です。

「伝え方なら
 会社でマナー研修をきちんと受けました」
という方もいらっしゃるでしょう。

ところが、
少しマナーが崩れていても
「また会いたいな」と思わせる人もいれば、
しっかりとマナーを守っていても
もうこれきりの人もいます。

その差は何でしょう?

そこには、心理学でいう
「暗示」が影響しています。

本書では
相手とうまい距離感で「伝える」方法について
心理学的な裏付けや
日本語としての正しさを踏まえて解説。

誰にでも今日から結果を出していただける
内容をまとめました。

・話すのが苦手で「自信なげ」に見られる

・しっかりマナーを守っているはずだけど、
 相手との関係を縮められない

・自分の意思を上手に伝えることができない

・どこにいっても恥ずかしくない
 コミュニケーションの取り方を学びたい

こんな方にお勧めです。
ぜひお読みください!

『大人の伝え方ノート
 一言で「人間関係」はガラッと変わる!』

https://www.amazon.co.jp/dp/4797398736/

現在、
新刊発売を記念して
書店イベントなどいろいろと企画中です。
詳細はまた後日お知らせいたしますね。
どうぞお楽しみに!

★あなたの話し方を
 ビジネスの武器に変えましょう。
 『「人を動かす話し方」を身につけるための
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/2UI3mNn

2019年4月20日