表現・印象にまつわるアレコレ

スピーチを成功に導く「YOUの視点」

前回のブログで
トヨタ自動車の春の労使協議会での
豊田章男代表取締役社長の発言を引用し、
スピーチやプレゼンの目的は
「聞き手の行動変容」だということを
お伝えしました。


今回も引き続き、
スピーチスキルを向上させるヒントとして
豊田氏の言葉をご紹介します。

********************************
「YOU」を主語にする
********************************

先週と同じ
トヨタの春の労使協議会の動画より、
24分ごろの豊田氏を抜粋します。
https://bit.ly/3bsFXUc

= = = =(ここから)

私が感じていることがあります。
それは、事技職の皆さんが、
私と話をする時の主語は、
ほとんどが「I」だということです。
(中略)
トヨタの人たちは、「I」を主語にして、
自分のことだけ話していても
仕事は進んでいくというのが
実態ではないでしょうか。
(中略)
トヨタの事技職の人たちは、
どれだけ先方の会社に出向き、
相手の会社のことを勉強し、
相手のことを知ろうとしているでしょうか。

どれだけ「YOU」を主語にした
会話をしているでしょうか。

「YOU」を主語にして話すと
初めて気がつくことがあります。
(中略)
「YOU」を主語にするということは、
自分以外の人に関心を持つということです。
そして、それは、世の中の動きに関心を持つ
ということでもあります。

= = = =(ここまで)

「YOU」を主語にする。

豊田氏は、職場でのコミュニケーションのあり方
について述べていらっしゃいますが、
大勢を前にするスピーチやプレゼンでも
同様のことが言えます。

拙著『NHK式+心理学
一分で一生の信頼を勝ち取る法』
で、「I→YOU→WE法」というスキルを
紹介しています。

これは、話をI(私)から始め、
YOU(あなた)、そしてWE(私たち)へと
徐々に広げていくことで、
聞き手を巻き込んでいく方法です。

一方的に自説を展開していては、
話し手は満足かもしれませんが、
聞き手は置いてきぼりになってしまいます。

「言ってることはわかるけど」と、
モヤモヤした気持ちのまま
会場を後にすることになるかもしれません。

スピーチやプレゼンでも大事なのは
相手に関心を持つこと。
「I→YOU→WE法」を用いて
「あなたはどうですか?」と問いかければ、
聞き手との距離を近づけることができます。

その結果、
話し手の言葉が聞き手にダイレクトに伝わり、
前のメールで述べた
「聞き手の行動変容」につながるのです。

「I→YOU→WE法」は特に
聞き手がこれから話す内容に
興味がなさそうなときに効果的な方法です。
ぜひお試しください。


★オンライン化されるということは
あなたの話し方が保存され、
その場でのごまかしが
利かなくなることでもあります。
信頼される「NHK式」話し方の基本を
押さえておきましょう。
https://bit.ly/3dDTbPD

 

********************************
あとがき
********************************

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために
各国の首相・大統領・国王などのリーダーが
国民に向けてメッセージを発信しています。

スピーチの観点からも注目していますが
ドイツのメルケル首相のスピーチが
共感する・聞き手への行動を促す
という点で素晴らしいと感じました。

動画はこちら↓
https://bit.ly/3duPxYe

全文はこちら↓
https://bit.ly/33SuY3F
日本語訳は公式ページがないため、
ご興味ある方は検索してみてください。


2020年3月31日

 


2020年おすすめの年頭挨拶は、やはり日本を代表するこの経営者!

2020年が始まり、
早くも1カ月がたちましたね。
今年もどうぞよろしくお願いします。

新年に新たな
目標を立てた方も多いことでしょう。
目標達成への進捗状況はいかがでしょうか。

会社を経営している方は
従業員へ年頭挨拶もされたことでしょう。

年頭挨拶は、
経営者の考えや会社の姿勢を示す
大切な機会です。
疎かにはできません。

そこで今回は日本を代表する
ある企業の年頭挨拶に注目します。

このスピーチには、
リーダーとしての話し方のヒントが
たくさん含まれていますので
ぜひご覧になってください。

*****************************************
見比べればわかるスピーチのコツ
*****************************************

先日、ある政治家と話していたところ、
こちらのスピーチを見て
感動したとおっしゃいました。

今年1月に行われたトヨタ自動車株式会社の
豊田章男代表取締役社長による年頭挨拶です。

実は、失礼ながら私は
「今年はスピーチとしては今一つだった」
と思っています。

なぜなら、去年の年頭挨拶が
スピーチ・プレゼンとして
素晴らしかったからです。
映像はこちらです。

その政治家にも、
ぜひこちらを見てほしいとご紹介しました。

あなたも今年と去年の豊田氏の年頭挨拶を
見比べてみてください。
どこが違うか分かりますか?
考えてみてくださいね。

ちなみに
今年の年頭挨拶の途中で挿入されている、
米・ラスベガスで今月開催された
CES2020での豊田氏のプレゼンは
素晴らしいものでした。

特に、このプレゼンの中で
豊田氏から紹介を受けて登壇する
デンマーク出身の建築家
ビャルケ・インゲルス氏の非言語表現は
見ものです。

彼が行ったのは、
トヨタがこれから実現を目指す
未来の実証都市についてのプレゼン。

実証都市のイメージスライドが
次々と映し出されるのですが、
インゲルス氏がスライドの中に入り込んで、
その映し出された道の中に立っているように
見えるのです。

しかも、話しながらスライドも見ずに
自然に立つ位置を変えていくのです。

この言葉のときにこの場所に立つ、
そのためにはこのくらいの速度で歩く
ということまで映像を確認しながら
リハーサルを重ねたのでしょう。

まさに練習の賜物です。
ぜひチェックしてみてくださいね。

年頭挨拶でのスキルは、
これから迎える
4月の新年度シーズンのスピーチはもちろん、
日常の会議などでも
みんなのモチベーションあげたり
意思統一を促したりするときにも使えますよ。

★あなたの話し方を
ビジネスの武器に変えましょう。
『「人を動かす話し方」を身につけるための
 教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/31WYWCM

2020年2月13日