メディア トレーニング

トレーニングの効果を高めるダメ出しのコツ

気象庁によると
東日本、九州南部は
すでに梅雨入りしたとみられるとのこと。

じめじめした梅雨の時期は、
心身ともに不調になりがちですね。

実は私も右肘の痛みが
1カ月ほど続いていました。
治る気配がないので、
先日ようやく病院に行ったところ、
「テニス肘」と診断されました。

「テニスはしてないのに…」と思っていたら、
「テニスをしない中年の
 使い過ぎによるテニス肘」
と診断され、資料をいただきました。

なんだかいろいろとひっかかる言い方…
(~ _~ ;)(笑)

ですが、その病院で
スピーチがより上達するトレーニング方法の
大きなヒントをいただきましたので
シェアしますね。

***********************************
間違った行動をした瞬間に指摘する
***********************************

「テニス肘」は通称で、
正式には「上腕骨外側上顆炎」
(じょうわんこつがいそくじょうかえん)
というのだそう。

上腕骨外側上顆炎の資料

どうやら出張のたびに
衣装や資料の入った
重いスーツケースを
右手でゴロゴロ引っ張りながら
移動していたのが原因のようです。

病院で治療が終わり帰ろうと、
スマートフォンと待合で読んでいた文庫本を
掴んで立ち上がった瞬間でした。

「その持ち方がだめ!!!」
女性看護師の鋭い声が飛んできたのです。

大きな声にびくっとして振り向くと、
治療をしてくれた看護師さんが
私の指を指さしていました。

彼女によると、
スマホや本などを掴むときの親指の角度が
テニス肘になる原因らしく、
その場で正しい指の角度を教えてくれました。

私としては
そのような指の使い方をしていた自覚が
全くなかったので、
それが痛みの原因と指摘されて
びっくりしました。

それから指の角度を意識するようになり
おかげさまで痛みも和らいできました。

それにしても看護師さんの
矢のように刺さる言い方の怖いこと(笑)

しかし、この看護師さんの言い方は
心理学の学習理論では
正しいトレーニング法なんです。
つまり、間違った行動をした瞬間に
すぐにその場で指摘して
自覚させるということです。

後から
「あのときのあの持ち方が
 肘を痛める原因ですよ」などと言われても、
無自覚でやっている持ち方ですから
なかなか治りません。

間違った行動をしたその瞬間に
「いまのそれ!」と
指摘されて修正するのが一番効果がある
と実験結果が多数報告されています。

実は、私もスピーチトレーニング中に
クライアントさんに言われたことがあります。

「スピーチをしている最中に
 『だめ!』『違う!』と
 矢野さんの声が飛んできてびくっとした」
看護師さんの件で
その気持ちがよく分かりました。

しかし、スピーチも同じで
「あのときのあのジャスチャーが
 話すときの悪い癖ですよ」
と後から言われても治らないのです。

スピーチがうまくなるには
その場で専門家に
ダメ出しをしてもらえる状態で
トレーニングすることが大事。

というわけで
『だめ!』『違う!』と指摘して
びくっとさせても
スピーチ上達のため、と
ご容赦くださいね(笑)


★信頼を勝ち取る
コミュニケーション法をマスターしましょう。
『ビジネスマンのための信頼を勝ち取る
 コミュニケーションの法則』
https://bit.ly/2ZwHHFM

2019年6月21日


スピーチのプロがしている風邪対策

大寒の日を過ぎ、
寒さが一年で一番厳しい季節となりました。
風邪など召されないようご自愛ください。

と言いつつ、私自身が今週は風邪気味。
喉が痛くて声が出づらいのです。

講演があるのにピンチ!
こんな困った状態を切り抜ける
プロとしての技がいろいろあります。

今回は
この時期特に質問の多い
風邪対策についてお伝えします。

予定していたグループコンサルの続きは、
次回にいたしますね。

************************************
風邪で声が出ないときの対策3つ
************************************

風邪で声が出にくいなと思ったとき、
私が行っているのは以下の3つの対策です。

NHKに在籍していたときに
先輩アナウンサーから教えてもらったことや、
自分のボイストレーニングの先生に
習ったことなどから、
とくに効果が高いと感じた対策です。

◆ネックウォーマーなどで喉を温める。
寝る時もつけたまま眠ります。

◆風邪の中でも喉専用の漢方薬を飲む。
私のお勧めは、
銀翹散 (ギンギョウサン)という漢方薬です。
薬局で販売されています。

◆マヌカハニーを塗る。
マヌカハニーとは、
ニュージーランドに自生する
マヌカという植物からとれた蜂蜜で、
その殺菌力の高さから最近注目されています。

様々なメーカーから発売されていますが、
選ぶ基準はラベルに表記されている
MGOの数値。
この数字が高いほど殺菌力あります。

このマヌカハニーをなめるというより、
口を大きくあけて喉に塗ります。
びりびりしびれる感じがしますが、
水分をとらずに我慢します。

ちなみに
私はMGO550のものを使っています。

この3つの対策をしたうえで、
講演のときは腹式で話せば
なんとかしのげますよ。

あれ?と喉に違和感があったときに
早めに対策をとるのもコツです。
ピンチのときはお試しくださいね。

★セミナー講師や講演家も必須の
話し方の理論とやるべきステップを
学べます。
https://bit.ly/2RIUhCq

************************************
あとがき
************************************

風邪気味の状態で飛行機に乗り、
客室乗務員と少し会話。

そのあとすぐ、頼んでいないのに
マスクとのど飴のセットを
持ってきてくださいました。
「機内の乾燥は良くないですから」
という言葉とともに。

マスクとのど飴

咳き込んでいたとか、声がかすれていたとか、
明らかな風邪というほどの
不調ではなかったのですが、
少しの不調も見逃さない
客室乗務員の方の観察力と気遣いに感激。

乗務員さんがいつも以上に女神に見えました。
皆さまも風邪にはお気をつけください。

★あなたの話し方を
ビジネスの武器に変えましょう。
『「人を動かす話し方」を身につけるための
教材専門オンラインSHOP』
https://bit.ly/2RMJcjE

2019年1月24日